NETIS登録番号:QS-150005-A

ノン・スキャフォールディング工法(NSC)2019/04/10 更新

概要

近接困難な構造物の調査・点検に安全性を高めた、ロープアクセス技術を利用した技術

新規性

・ロープアクセス技術を活用したことにより、これまで近接困難であった構造物への近接を可能にした。
・ロープ切断対策資材(バックアップロープ、特殊ロープガード、帆布製特大ロープガード、ダブルロープバッグ等)を活用することにより、ロープアクセス技術の安全性を高めた。
・充電ドライバーを動力とする登高器(NSCパワーアッセンダー)を開発した。

期待される効果

・橋梁点検車が届かなかった箇所、高所枠組足場の設置が困難な場所、橋梁吊足場の設置に至らない小規模な工事等の構造物への近接が容易にできる。
・橋梁点検車の交通規制が困難な道路構造物に適用可能となる。
・ロープ切断のリスクを回避し、かつ、バックアップロープを活用することにより、調査・点検のみならず補修工事にも適用できる。
・充電ドライバーを動力とする登高器(NSCパワーアッセンダー)を組み合わせることにより、作業効率が更に向上する。

適用条件

① 自然条件
・強風時(10m/sec)は作業禁止とする。
・悪天候時及び天候の悪化が予測される場合は原則作業禁止とする。
② 現場条件
・ウインチを使用する場合は、100V電源を必要とする。
・夜間作業を行う場合は、手元のみならず周囲の明かりを確保する。
③ 技術提供可能地域
・全国。
④ 関係法令等
・労働安全衛生規則 第九章 墜落、飛来崩壊等による危険の防止 第五百十八条。

使用する機械・工具

  • ダブルロープバック
  • 特殊ロープガード
  • 帆布製ロープガード
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(有)ケンテックシステムズ
TEL
049-241-8364
URL
https://kentechsystems.net/

このカテゴリーでよく見られている工法