NETIS登録番号:CB-150001-A

端末管事前撤去型AGF工法 (AGF-TK工法)2019/03/28 更新

  • 技術の比較(新技術)
  • 技術の比較(従来技術)
  • 端末管引抜きの概要図

概要

長尺管フォアパイリングの掘削範囲の端末管を事前に撤去し、地山の弛みを抑制する技術

新規性

・掘削対象範囲にある端末管は、従来掘削時に撤去していたが掘削前に撤去することとした。

期待される効果

・掘削前に端末管を撤去するため、撤去時の衝撃による端末管周辺の地山の緩みや抜け落ちが抑制され、余掘り量を低減することにより施工精度の向上に繋がった。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
1)使用機械、作業員
・従来技術と変わらない。
2)施工場所
・従来技術と変わらない。
③ 技術提供可能地域
・制限はない。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • インサート管
  • 高所作業車
  • 注入台車
  • ドリルジャンボ
  • ビット・ロッド
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)カテックス
TEL
052-331-8010
URL
http://www.katecs.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法