NETIS登録番号:CG-110015-VR

覆工コンクリート保温・湿潤養生システム2019/03/28 更新

  • 概念図(うるおい)
  • 養生状況全景
  • 養生パネル構造

概要

脱型後の覆工コンクリートの保温・湿潤養生技術

新規性

・従来は乾燥収縮低減剤等を使用していたが、本技術は覆工表面を養生パネルで覆って保温・湿潤養生できる。
・養生ユニットを専用台車(自走装置付)で簡単に移動できる。
・養生中に養生ユニットの移動に伴う一時的な中断がなく、連続した保温・湿潤養生が可能である。
・繰返し転用可能である。
・型枠の内空面側に養生パネルを設置することで、型枠脱型前の保温養生ができる(「温ぬく」)。

期待される効果

・坑内環境(外気)との接触を遮断することで、コンクリート断面内の温度差を小さくし、コンクリート表面の乾燥も防止できるため、覆工コンクリートの品質が向上する。
・水和反応が促進され、コンクリートの強度増進や表層部の緻密性が増して耐久性が向上する。
・乾燥収縮低減剤が不要となり、本養生パネルは転用できることから、従来に比べてコスト縮減を期待できる。
・脱型前の養生(「温ぬく」)を併用することにより、コンクリートの初期強度が安定して発現し、型枠の剥離性が向上する。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
・特になし。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • 足場
  • 移動架台
  • 高所作業車
  • コンクリートポンプ車
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
西松建設(株)
TEL
03-3502-0227
URL
https://www.nishimatsu.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法

詳細を見る
岐阜工業(株)

ラップアングル表面をスキンプレート面より内側に移動させて足付きダミージョイントを用いたセントル(ノンラップセントル)