NETIS登録番号:KK-170056-A

推進・シールド併用工法2019/03/29 更新

  • 特殊連結管
  • 真空輸送システム図

概要

推進工法とシールド工法の利点を生かした技術

新規性

・推進工法とシールド工法の利点を生かし、融合させた。
・特殊先頭管により、前方はセグメント、後方はヒューム管との接続が可能である。

期待される効果

・経済性の向上。
・一定の条件のもと、中間立坑不要の施工が可能となる。
・申請技術においては、立坑、プラント、資材置き場などの固定施設のほか作業スペースおよそ440m2が必要であり、従来技術の約1/3程度でよい。

適用条件

① 自然条件
・地中施工のため、集中豪雨などの異常時以外、天候に関係なく実施できる。
② 現場条件
・立坑、プラント、資材置場などの固定施設のほか作業スペースが必要である。
③ 技術提供可能地域
・日本全国。
④ 関係法令等
・建設業法
・労働基準法
・労働安全衛生法

使用する機械・工具

  • 仮設備(シールド用)
  • 仮設備(推進用)
  • 坑内整備(シールド間)
  • 坑外設備
  • 推進・シールド併用掘進機
  • セグメント
  • 送・排泥設備
  • 立坑設備
  • 注入設備
  • 通信・換気設備
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
中川企画建設(株)
TEL
06-6252-1123
URL
http://www.nakagawa-kikaku.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法