NETIS登録番号:KT-150034-A

SWライナー工法(製管工法)2019/04/05 更新

  • SWライナー工法 概要図
  • 供用化での施工状況
  • 充填時のイメージ図(支保工不要)

概要

老齢化、老朽化した函渠を非開削で更生する技術

新規性

・開削をして敷設替えから非開削での老齢化、老朽化した管きょの更生に変えた。
・仮排水や水替え等の実施から供用水を止めることなく施工ができるように変えた。
・管路の形成材料をコンクリートから硬質塩化ビニルに変えた。
・継手が必要な構造から継手のない一体構造に変えた。
・重機を用いる工事から重機を必要としない工事に変えた。

期待される効果

・非開削での老齢化、老朽化した管きょの更生に変えたことにより、掘削工や埋戻し工等の必要性がなくなるので、経済性の向上や工期の短縮が図れる。
・供用水を止めることなく施工ができるように変えたことにより、仮排水や水替え等の必要性がなくなるので、経済性の向上が図れる。
・管路の形成材料を硬質塩化ビニルに変えたことにより、流下能力や耐薬品性・耐摩耗性等が向上し、品質の向上が図れる。
・継手のない一体構造に変えたことにより、水密性が向上し、品質の向上が図れる。
・重機を必要としない工事に変えたことにより、騒音、振動、粉塵等を低減でき、周辺環境への影響抑制が図れる。

適用条件

① 自然条件
・気象予測や気象情報による大雨、洪水、雷などの「注意報」、「警報」が発表されていないこと。
・施工適合温度-10~35℃(これを超える場合は別途対策が必要)。
② 現場条件
・資材の搬出入にφ600mm以上の開口部が必要。
・標準的な作業スペース50m2程度(発進側2.5m×15m、到達側2.5m×5m程度)。
・管内作業に関して安全性を確保できない水深、流速である場合は水替え等が必要。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・下水道法(日本法令 平成17年6月)
・道路交通法(日本法令 平成26年9月)

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • 高圧洗浄機
  • 製管機
  • 送風機
  • トラッククレーン
  • 発動発電機
  • 油圧ユニット
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
SWライナー工法協会
TEL
03-5782-8950
URL
http://www.swliner.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法