NETIS登録番号:KT-130017-A

ケミハード工法2019/03/29 更新

  • ケミハード工法

概要

コンクリートと同等な強度を有する無機系注入材

新規性

・注入材の配合をセメントベントナイトから高炉スラグと助剤に変えた。

期待される効果

高炉スラグと助剤に変えたことにより、以下の効果が期待できる。
・質量変化が小さくなり耐海水性が向上するので、耐久性の向上が図れる。
・強度の立ち上がりが早くコンクリートと同等の高強度が得られるので、品質の向上が図れる。
・ゲルタイムの調整ができるので、施工性の向上が図れる。
・ゲルタイムの調整により限定注入でき注入時間が短縮できるので、工程短縮が図れる。
・アルカリ成分の溶出が少なくなるので、周辺環境への影響抑制が図れる。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
・施工量7m3/日の場合、資機材置き場として10m×10m=100m2程度必要。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • グラウト注入プラント
  • コアドリル
  • 削孔機
  • 注入プラント
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
ショーボンド建設(株)
TEL
03-5653-8105
URL
http://www.sho-bond.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法