NETIS登録番号:QS-130018-A

Fe石灰ライト2019/04/10 更新

  • コーン試験
  • 一軸圧縮試験
  • Fe石灰ライトの反応イメージ図

概要

高含水比の汚泥・建設発生土等にFe石灰ライトをして再資源化を図る技術

新規性

・生石灰と酸化鉄をベースとした非セメント系の土質改良材。

期待される効果

・Fe石灰ライトは、セメントを含まない固化材であるため六価クロムの問題がなく、生石灰に比べ少ない添加量で強度の発現が見られ、破砕による強度低下の問題を改善し再生効果を高めた土質改良材。
・Fe石灰ライトによる土質改良は、従来工法に比べ、長期に強度の増進が見られる。

適用条件

① 自然条件
・雨天時や強風時以外は施工可能。
② 現場条件
・バックホウによる混合には、最低20m×20m程度のヤードが必要。
③ 技術提供可能地域
・全国。
④ 関係法令等
・「土壌汚染対策法」(平成22年改正・環境省)

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • バックホウ
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)エフイ石灰技術研究所
TEL
092-942-7011
URL
http://www.felime.jp

このカテゴリーでよく見られている工法