NETIS登録番号:CB-160027-A

舗装クラック注入工法2019/03/28 更新

  • 「アスファルト目地注入機」を使用した注入状況
  • 「アスファルト目地注入機(KNT-50)」

概要

小型軽量で機動性に優れたの目地注入機の技術

新規性

・小型(長さ1,271mm、幅650mm、高さ1,152mm)、軽量(重量160kg、釜容量50L)で、機動性に優れた「アスファルト目地注入機」を使用するため、小型トラックでの運搬・移動が可能である。
・「アスファルト目地注入機」は、シール材を材料独自の適切な温度で直接熔解し、舗装表面に発生したクラックに直接注入することができる。
・少量からのシール材の熔解が可能で、点在する舗装クラックにも効率的に注入でき、経済的である。
・「アスファルト目地注入機」を使用することで、高温となるシール材の小分け作業がなく、材料の飛散等の危険要因をなくし、作業環境の改善・省人化による不安全行動等の事故リスクを低減している。
・「アスファルト目地注入機」は、油を利用したホース洗浄循環方式を採用しているため、洗浄作業が安全かつ容易となり、機械の維持管理費も低減させている。

期待される効果

・線状クラックを補修することにより、亀甲状クラックに発展することを防止し、道路のライフサイクルコストを低減する効果がある。
・「アスファルト目地注入機」は、熔解温度調節機能やシール材の保温機能も有していることから、シール材の注入時の施工品質を確保できることも大きなメリットである。
・シール材の吐出量のダイヤル調節やノズル手元スイッチでシール材の吐出、停止が可能であり、均一な出来形確保も可能としている。
・使用するシール材は、少量からの熔解により、廃棄物の発生を抑制し、環境負荷の低減にも有効である。

適用条件

① 自然条件
・降雨、降雪時には施工を行わない。
② 現場条件
・「アスファルト目地注入機(長さ1,271mm、幅650mm、高さ1,152mm)」の搬入及び移動スペースがあること。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • トラック
  • 目地注入機(KNT-50)
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)近藤組
TEL
0566-36-1811
URL
http://www.kondo.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法