NETIS登録番号:

ベビーモール工法2018/12/03 更新

  • 削進中のベビーモール
  • バリアビット3枚歯

概要

強力な回転力と推進力も備えた削進装置による1重管ボーリング方式の小口径推進工法。土質を選ばず、層地盤、埋設物を切断し、鋼管内に取り込み削進の継続を可能とする。特殊削進用シャーククラウンの開発により埋設物の連続削進も可能とした。発進立杭1号以内から標準2,500Φからの発進可能機種を開発し、削進鋼管径も40Φ~2,000Φまで広範囲に可能である。

続きを見る

新規性

ベビーモール工法は常に現況に合せ進化している。
埋設物の削進の継続のため、シャーククラウンの開発、削進鋼管の範囲の拡大、40~2,000Φ迄、玉石岩盤の削進の為、ビートリガー工法の開発、また、取付ける既設管種もHP管、シールド管、塩ビ管、スパイラル管、トウ管等何でも可能にした。

適用条件

透水係数10⁻³以上、または自立しない土質は補助工法が必要である。
特に500Φ以上の中、大口径の削進には注意すること。

施工単価
・ベビーモール工法 標準積算資料 30年度
・東京油機工業(株)ベビーモール参考資料 30年度 による
実績件数
お問い合わせ
会社名
ベビーモール協会
TEL
042-780-0184
URL
http://www.babymole.com/

このカテゴリーでよく見られている工法