NETIS登録番号:KT-180022-A

注水併用エアクーリング工法2020/02/28 更新

概要

コンクリートの水和熱による温度ひび割れ対策として空気を主冷媒として注水を併用したエアクーリング工法

新規性

コンクリートの温度を下げる媒体を常温空気の送風のみからミストによる注水を併用した空気の送風に変えた。

期待される効果

ミストによる注水を併用した空気の送風に変えたことにより、媒体となる空気の温度を下げることができ、コンクリートの温度上昇を抑制することができるので、品質の向上が図れる。

適用条件

①自然条件
降雨、降雪以外(コンクリート打設が行える気象条件)。
②現場条件
送風機、注水管理施設の設置スペースとして、1m×0.5m=0.5m2程度必要。
③技術提供可能地域
技術提供可能地域については制限なし。
④関係法令等
特になし

施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:1件
② その他公共機関:1件
③ 民間等:0件
会社名
(株)熊谷組
TEL
03-3235-8649
URL
http://www.kumagaigumi.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法