NETIS登録番号:KT-170045-A

ハングユニットR2019/05/31 更新

  • 構台からの吊り型昇降階段として
  • 新技術工法
  • 従来工法

概要

現場の昇降高に合わせて設置できる自立・吊り型ユニット式昇降階段システム

新規性

・手摺先行型枠組足場の活用による組立自立型方式から、自立・吊り型ユニット式昇降階段システムに変えた。

期待される効果

自立・吊り型ユニット式昇降階段システムに変えたことにより、以下の効果が期待できる。
・組立解体作業の省力化となるので施工性が向上する。
・組立解体時おける部材点数、作業工数、ラフタークレーンの日数軽減になるので経済性が向上する。
・作業工数の軽減となるので工程の短縮、向上になる。
・ユニットごとの連結、切り離しが向上する。

適用条件

① 自然条件
・注意報・警報など災害が想定される場合の設置解体はできない。
② 現場条件
・設置場所が設置面積 W1.25m×L2.2m でH1.35mの1ユニット以上の自立スペースもしくは、吊り元スペースを確保できるところ。
・高さは1ユニット層×10ユニット層迄。ただし、10ユニット層以上使用の時は控え材を備え強度計算にて積算許容荷重が確認できればそれ以上の設置は可能。
・ユニット組立時、その組立スペースを確保できる場所。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:0件
② その他公共機関:3件
③ 民間等:7件
会社名
日工セック(株)
TEL
0471-25-8301
URL
http://www.nikkosec.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法