NETIS登録番号:KT-130042-VR

土木分野向けEAZET(イーゼット)工法2020/07/13 更新

  • 杭材及び施工機械
  • イーゼット施工機械(左からSS、L、LLタイプ)

概要

先端に羽を取付けた鋼管をテーパー鋼管方式の機械式継手または溶接により継足し、回転埋設する技術

新規性

・地盤を掘削して築造するコンクリート杭から先端羽根やテーパー鋼管を用いた鋼管杭に変えた。
・杭体の継手方法を溶接継手から機械式継手に変えた。
・必要設備をプラント及び掘削機から羽根付き鋼管杭を回転埋設可能なコンパクトな施工機械に変えた。
・管理方法を深度管理から深度管理及びトルク管理に変えた。

期待される効果

・先端羽根やテーパー鋼管を用いた鋼管杭に変えたことで、無排土での杭施工が可能となり、周辺環境への影響が抑制される。
・先端羽根やテーパー鋼管を用いた鋼管杭に変えたことで、小径でも大きな支持力、水平抵抗力が得られ、杭径が抑えられるため、経済性が向上する。
・機械式継手に変えたことで、溶接が不要となるため、工期が短縮する。
・コンパクトな施工機械に変えたことで、より狭小地(敷地面積20m2~)での施工が可能となるため、施工性が向上する。
・深度管理及びトルク管理に変えたことで、施工中のトルクによっても支持層到達の判断ができるため、施工性が向上する。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
・敷地面積:20m2以上。
・機械幅0.75m以上。
・機械高さ1.8m以上。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
旭化成建材(株)
TEL
03-5473-5321
URL
http://www.asahikasei-kenzai.com

このカテゴリーでよく見られている工法