NETIS登録番号:KT-150103-VE

RFID作業員接近警報装置「IDガードマン」2019/05/28 更新

  • システム概要
  • 機械構成
  • 視野比較(従来技術・新技術)
  • 新技術(IDガードマン検知範囲)

概要

作業員と重機の接触を避けるため、接近監視、及び警報する技術

新規性

・重機の作業エリアの設定を保安器具の設置からRFIDタグと警報装置の活用に変えた。
・作業員の重機作業エリア侵入時における注意喚起を、誘導員から、誘導員と警報装置からの警報に変えた。
・誘導員から重機オペレータへの作業員接近情報を拡声器やホイッスル等での伝達に加え、警報装置を使ったオペレーターへの直接伝達に変えた。

期待される効果

・誘導員と警報装置からの警報に変えたことにより、車輌の構造的死角も解消して全方位監視が可能になるため、安全性の向上が期待できる。
・RFIDタグと警報装置に変えたことにより、保安器具の設置が不要になり、経済性の向上と省力化が図れる。
・直接伝達に変えたことにより、重機オペレータ自身が作業員の接近情報が掴めるため、情報伝達性の向上が期待できる。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
・装置本体1台当りの設置スペース W250×H250×D140mm(固定:マグネット式)。
・アンテナの設置スペース H158mm、ベース直径81mm(固定:マグネット式)×2台。
・回転灯の設置スペース H170mm、ベース 130×130mm(固定:マグネット式)×2台。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・微弱無線局/総務省告示

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
西尾レントオール(株)
TEL
06-6251-7302
URL
http://www.nishio-rent.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法