NETIS登録番号:SK-140010-VR

締固めレイヤー管理工法2019/05/28 更新

  • 工法イメージ
  • 実験風景(締固め機械)
  • 実験風景(標高データを補正する2軸傾斜計)

概要

工法規定方式での盛土作業時の巻出し厚、層数、転圧回数を管理する技術

新規性

盛土成形の品質管理を品質規定方式から、工法規定方式の層毎の転圧回数管理を行いながら層厚(巻き出し厚)、層数までも管理できるように変えた。

期待される効果

・工法規定方式の転圧回数管理に変えたことにより、面的に層厚(巻き出し厚)、層数がデータベースで残るため、盛土品質の維持向上が図られる。

適用条件

① 自然条件
・GNSS受信機の動作範囲は、外気温度:-20℃~+55℃以内。
・TS使用時は、豪雨、豪雪、霧の場合、測距できない場合があるので注意する。
② 現場条件
・GNSS使用時は、上空視界が開けていてGNSS(GPS)衛星から安定して受信が可能であること。
・TS使用時は、TSと締固め機械との視通が、確保されていること。
・無線、携帯等が安定して送受信できること。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
西尾レントオール(株)
TEL
06-6251-7302
URL
http://www.nishio-rent.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法