NETIS登録番号:KT-150011-A

どこでもケーブル2019/04/09 更新

概要

仮設工事現場のケーブルやホースを保護する強化型ケーブルプロテクター。高性能ながら低価格で、また可視性に優れることから「減速帯」の役目も果たして現場の安全も守る。

新規性

・ケーブルやホースを保護する手段を、掘削した溝とその上に被せる敷鉄板の組み合わせから、地面やアスファルトの上に敷設するケーブル・プロテクターに変えた。
・ケーブル・プロテクターに5cm以上の厚みを持たせるとともに、その表面を目立つように黄色に着色した。
・ケーブル・プロテクターの前後にオス型連結部とメス型連結部を設けた。
・ケーブル・プロテクターを再利用可能に構成した。

期待される効果

① ケーブル・プロテクターに変えたことにより、以下の効果が期待できる。
・ケーブルやホースを敷設するための溝を掘る必要がなくなり、また、工事終了後に溝を埋め戻す必要がなくなるので、敷設作業及び撤去作業の省力化が図れるとともに、作業時間を短縮して経済性の向上が図れる。
・溝に蓋をするための敷鉄板が不要になって、重たい敷鉄板を移動するための重機を使う必要がなくなるので、省力化と経済性の向上が図れる。

② ケーブル・プロテクターに5cm以上の厚みを持たせるとともに、その表面を黄色に着色したことにより、以下の効果が期待できる。
・ケーブル・プロテクターが減速帯の如く機能して、ケーブル・プロテクターを横切ろうとする車両に対し徐行を促すことができるので、作業環境の向上が図れる。
・ケーブル・プロテクターが目立って目に留まり易くなり、作業員のつまずきや転倒を防止できるので、作業環境の向上が図れる。

③ ケーブル・プロテクターの前後にオス型連結部とメス型連結部を設けたことにより、以下の効果が期待できる。
・相互連結されたケーブル・プロテクターが外れにくくなって、ケーブルやホースの保護状態を持続できるので、作業環境の向上が図れる。
・複数のケーブル・プロテクターを一列に寝かせるだけで簡単に相互連結することができるので、ケーブル・プロテクターを連結するための作業時間が短縮されて経済性の向上が図れる。

④ ケーブル・プロテクターを再利用可能に構成したことにより、次の工事現場で再利用できるので、経済性の向上が図れる。

適用条件

① 適用可能な範囲
・ケーブルやホースを仮設する施工現場であって、車両が走行可能な場所
・ケーブル・プロテクターの本体部分には溝(凹状部)が形成されていて、この溝(凹状部)に収まる大きさのケーブルやホースを保護することができる。
・許容重量は、荷重面積 240ミリ×240ミリ 当たり、7.7トン 以下である。
・収納可能な最大ケーブル径は、直径55ミリである。
② 特に効果の高い適用範囲
・地面やアスファルトの上に仮設したケーブルやホースを、車両や作業員から保護する必要がある現場
・ケーブルやホースを収納するための溝を掘ることができない現場
③ 適用できない範囲
・作業員や車両が通過することがない河川などの水が張った場所。新技術は、ケーブルやホースを作業員や車両から保護するものなので、「作業員や車両が通過することがない、河川などの水が張った場所」に設置する必要がないため。
④ 適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・特になし

施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:多数
② その他公共機関:多数
③ 民間等:多数
会社名
(株)こうじばん
TEL
0120-97-9798
URL
https://www.koujiban.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法