NETIS登録番号:KT-160024-A

無足場4脚走行単管削孔機による削孔工法2019/04/09 更新

  • ARM07‐1
  • ARM07-2

概要

高所法面・急峻なロックボルト工事現場でも足場を設ける必要が無く、作業位置まで機械による移動及び削孔を可能とし、迅速かつ安全に施工できる工法。

新規性

足場施工と軽量ボーリングマシーンによる工法を無足場4脚走行単管削孔機(ARM07-1)による工法に変えた。

期待される効果

・足場の設置・撤去が不要になるため、足場資材の落下や作業員の転落が無くなり、安全性の向上、工事費の縮減とさらに施工期間の短縮が可能になる。
・削孔位置までの移動は、従来の人的による吊り上げクレーンによる移動から、4輪タイヤを装備し自走移動できる機械的な移動になったため作業効率が向上する。
・ラジコン操作のため、転石や崩落などの危険な位置から離れて操縦できるため、操縦者の安全性が向上する。
・従来は削孔位置が変わる毎に移動していたが、本体を左右に移動するスパンナー機構により、同じ位置で3ヶ所単管削孔が可能になったため施工性が向上する。
・高所の急斜面や凹凸が著しく激しい斜面でも脚を上下に伸縮する脚タイヤ上下伸縮機構により、登降坂が容易になる。
・コンクリートの梁上でも脱輪しないで移動できるよう、脱輪防止装置を装備したことにより、安全に移動できるようになる。

適用条件

① 自然条件
・気温の条件はなし。
・強風、大雨などの悪天候時は施工を中止する。
② 現場条件
・ARM07-1を現場に搬入できること。
・ARM07-1を支える主アンカーを2箇所設置できること。
・ARM07-1の支えとなる主アンカーから、主アンカーとARM07-1を繋ぐ2本の主ワイヤーと機体までを含めた作業スペースを確保できること。
(ARM07-1の大きさ 全長5m×全幅4.2m(作業姿勢))
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・知的財産基本法(文部科学省 H14/12/4)
・地滑り等防止法(国土交通省 S33/3/31)
・急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律(国土交通省 S44/7/1)
・公共工事の品質確保の推進に関する法律(国土交通省 H17/4/1)

使用する機械・工具

  • 空気圧縮機
  • 無足場4脚走行単管削孔機
施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:5件
② その他公共機関:27件
③ 民間等:10件
会社名
高所機械施工協会
TEL
0475-36-7703
URL
http://rcm-a.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法