NETIS登録番号:KT-130026-VE

快速深浅測量システム2019/05/28 更新

  • 快速深浅測量の概略図
  • 河川測量成果例

概要

GPS受信機やトータルステーションと音響測深機を利用した技術

新規性

・位置情報の取得をトータルステーションを用いた方式から2台のGPS受信機又は自動追尾機能を搭載したトータルステーションを用いた方式に変えた。

期待される効果

■2台のGPS受信機を用いる場合、2台のGPS受信機を用いた方式に変えたことにより、以下の効果が期待できる。
・測点毎のトータルステーションの操作が不要となり、施行性が向上し、工程短縮が図れる。
・測線上の基準点の設置が省略できるので施工性が向上し、工程短縮が図れる。
・測線上の基準点の設置費用が省略できるので経済性の向上が図れる。
・工程が短縮されるので経済性の向上が図れる。
■自動追尾機能を搭載したトータルステーションを用いる場合、自動追尾機能を搭載したトータルステーションを用いた方式に変えたことにより、以下の効果が期待できる。
・測点毎のトータルステーションの操作が不要となり施行性が向上し、工程短縮が図れる。
・工程が短縮されるので経済性の向上が図れる。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
・GPS受信機を用いる場合にあっては陸地に設置する基準受信機(GPS受信機)の設置スペースとして2.5m(縦)×2m(横)×3m(高さ)以上必要
・自動追尾機能を搭載したトータルステーションを用いる場合にあっては自動追尾機能を搭載したトータルステーションの設置スペースとして2m(縦)×2m(横)×2m(高さ)以上必要
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)CSS技術開発
TEL
042-373-2100
URL
https://www.css24.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法