NETIS登録番号:HK-190001-A

ハイブリッド養生システム2019/05/31 更新

  • ハイブリッド養生工法概念図

概要

トンネル覆工コンクリートを保温、湿潤養生し、緻密な表面のコンクリートを造る技術

新規性

・従来は乾燥収縮低減剤添加方法で、脱型後の覆工コンクリートのひび割れを抑制し、養生を行っていたが、本技術では、脱型後の保温と水分逸散抑制養生、その後に給水養生によって、コンクリート表面を緻密化する。

期待される効果

・養生を2段階としたことで、トンネル覆工コンクリートの高品質化(緻密化:透気係数の向上)が可能。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
・覆工コンクリートを打設する現場。経済性を考慮しなければ、非常駐車帯へも適用可能。
③ 技術提供可能地域
・日本国内。
④ 関係法令等
・特になし。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)東宏
TEL
011-792-3000
URL
http://www.k-toukou.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法

詳細を見る
岐阜工業(株)

ラップアングル表面をスキンプレート面より内側に移動させて足付きダミージョイントを用いたセントル(ノンラップセントル)