NETIS登録番号:KT-140055-A

ウルトラセフティーR2019/05/31 更新

  • 新技術工法
  • 従来工法
  • 新技術工法
  • 従来工法

概要

H型枠と支柱足場の両構成部材からなる手すり先行専用足場工法

新規性

・手すり先行据置方式足場工法はコーナー部において、先行手すりわくが使用できず単管パイプ・緊結金具等で補っていた部分があったが、その箇所にも支柱足場の活用によりすべての箇所に専用先行手すりの使用を可能とした手すり先行専用足場工法とした。

期待される効果

・支柱足場の活用によりコーナー部分における人工数及びラフテレーンクレーンの軽減が図れコスト削減につながることから経済性が向上する。
・コーナー部分における専用材の活用により使用部材数の削減が図れ作業工数の低減により、工程の短縮が図れる。
・H型枠と支柱足場の融合によりコーナー部分のすべてに専用先行手すりが活用でき常に上層への手すりの確保が可能となり安全性の向上が図れる。
・コーナー部分において単管パイプ等で手すりを構成していた部分にもすべて同じ仕様の専用先行手すりが使用でき施工性の向上が図れる。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
・特になし。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
日工セック(株)
TEL
0471-25-8301
URL
http://www.nikkosec.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法