NETIS登録番号:HK-080011-VE(旧登録)

ドレスネット2021/11/24 更新

  • 下部閉塞1
  • 下部閉塞2
  • 接地状況

概要

高規格道路・高速道路等における立入防止柵の網部、これを高耐久・高強度の樹脂網にすることで錆や腐食による劣化を防ぎ、立入防止柵の高耐久・長寿命を実現した。また柵の下部の隙間を閉塞し上部を忍び返しにすることで動物の道路等への侵入を防止する。既設の動物横断施設に動物を誘導し生息域の分断を緩和する。
ロードキルの対象種に広く適合しつつ適度な目合いのため小動物の生息域には分断しない。

続きを見る

新規性

網部の耐久化については、従来は溶接亜鉛めっき・着色塗装・樹脂被膜等の表面処理によるものであった。ドレスネットは100%ポリエステル樹脂の素線であり、素材自体の強度と耐候性により高耐久を実現した。また落石防止柵・落石防護網等のネットとして既にNETIS登録されているSTKネットを母材として、特に弾性性能に留意して改良を施し開発したもので、樹脂網の土木資材としての信頼性は高く評価されている。
金網と比較して圧倒的に長寿命であり、連続的に破網することがない。軽量で施工性に優れ、補修も容易である。維持補修の機会は大幅に減少しライフサイクルコストの大幅な低減を可能にする。
近年イノシシの侵入が急増し、多重衝突事故や掘削による本線への落石、掘削穴に雨水が溜まることによる法面崩壊等の二次災害も発生している。
従来の金網や樹脂網では、イノシシの押し付け、噛み付き、掘り起こしに対して脆弱であり、下部の侵入対策は不十分だった。
また従来の金網や樹脂網の効果についての実証実験結果が公表された事例が見当たらない。ドレスネットはイノシシ接地圧力で完全な閉塞を可能にする。
また上部を越柵する中小動物に対する対策は従来皆無であったが、下部閉塞と同じ素材を利用して対象種を大幅に拡げることが可能になった。動物の固体体重により網自体の弾性で撓り、忍び返し機能を発揮して越柵の意欲をそぎ阻止する対策はこれまでない。なお、忍び返し状に設置する事で視覚効果を生み、踏み切り位置を後退させて越柵を困難にする。

期待される効果

イニシャルコストにおける工事費の大幅な削減効果。長寿命によるライフサイクルコストの低減効果。動物侵入防止機能の向上によるロードキルの低減効果。野生動物の生息域確保による生物多様性の保全効果。鋼材に変わる低炭素素材によるCO2削減効果。3Rによる環境負荷の低減効果。環境色に近い黒色による景観保全効果。

適用条件

① 自然条件
・原則として条件を選ばない。
・極寒・酷暑・高温多湿・乾燥・暴風・豪雪・海岸地域・火山地帯等の苛酷な環境負荷にも耐える。
・雨水・凍結融解や動物の掘削等による地盤線の変化にも追従し、閉塞効果を永年にわたり維持する。
・雪に埋没しても雪の長期荷重に耐え、融雪時は完全に形状が復元する。
② 現場条件
・特に条件を選ばない。苛酷な条件に適合する可能性が高い。
③ 技術提供可能地域
・全国
④ 関係法令等
・特になし。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)天商
TEL
011-812-0784
URL
http://dres-net.info/

このカテゴリーでよく見られている工法