NETIS登録番号:KT-140043-A

仮排水工法パスカル君2019/08/13 更新

概要

真空ポンプと圧送ポンプを用いた自動仮排水システム

新規性

工事中における下水の仮排水をバキューム車から自動真空弁、真空制御ユニット、真空タンクユニット等を用いたシステムに変えた。

期待される効果

自動真空弁、真空制御ユニット、真空タンクユニット等を用いたシステムに変えたことにより、以下のような効果が期待される。
・工事区間の本管と宅内の排水を自動制御で吸引し下流へ流すことができるため、作業員が定期的に現場に行く頻度が低減するので経済性の向上および省人化が図れる。
・下水の排水桝を開けて回収する必要が低減するため、仮排水における作業環境の向上が図れる。

適用条件

① 自然条件
・特になし
② 現場条件
・本体ユニット設置スペース 3m×1.2m(3.6m2)
・宅内桝用ユニット設置スペース 0.8m×0.4m(0.32m2)
・ポンプ制御盤設置スペース 0.65m×0.25m(0.16m2)
③ 技術提供可能地域
・制限なし
④ 関係法令等
・特になし

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
三興建設(株)
TEL
082-810-3636
URL
http://www.sanko-g.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法