NETIS登録番号:KT-190040-A

Tr-wing工法2020/06/18 更新

  • 敷地有効利用と設計荷重

概要

H鋼ソイルセメント杭とプレキャストコンクリート擁壁パネルを組み合わせた底盤のない自立式擁壁により土留め壁を構築する技術。

新規性

プレキャストL型擁壁により土圧に抵抗する構造から、プレキャスト擁壁とH鋼ソイルセメント杭を合成して山留め式自立型擁壁に変えた。

期待される効果

プレキャストL型擁壁により土圧に抵抗する構造から、プレキャスト擁壁とH鋼ソイルセメント杭を合成して山留め式自立型擁壁とすることで、底版が不要な構造となったことから以下の効果が期待出来る。
・支持層へ根入れを要する支持杭を必要としないためコスト縮減を図れる。
・支持層へ根入れを要する支持杭の施工手間が不要となり工期短縮を図れる。
・支持層へ貫入させる支持杭の打設がなくなり、振動・騒音が低減され周辺環境への影響が抑制される。
・N値1~2程度の軟弱地盤においても施工が可能であり、施工性が向上する。
・狭いスペースでも土留め壁が構築できる。

適用条件

①自然条件
・強風時(10分間の平均風速が毎秒10m以上)、落雷、豪雪、豪雨などの悪天候時は施工しないこと。

②現場条件
・作業スペースは、およそ10m×10mが必要。
・地中・上空障害物(約10m)がある場合は事前撤去できること。

③技術提供可能地域
・制限無し

④関係法令等
・特に無し

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)トラバース
TEL
047-359-4111
URL
http://www.travers.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法