NETIS登録番号:KT-070035-VR(旧登録)

Tn-p工法2019/04/09 更新

  • 施工例
  • 基本注入施工の場合図

概要

トンネルの背面に生じた空隙による地盤沈下の防止や、トンネルの地下水の止水に有効。硬質ポリウレタンフォームを注入することにより、短時間に施工を完了することができる。

新規性

・注入設備を大幅に小型化(4t車1台に全ての設備、材料を積載可能)
・充填材を大幅に軽量化(約1/40)
・注入材料の早期固化(従来は約24時間だったが新技術は約1分)
・注入材料置場の省スペース化(10t車で従来は約10m3分運搬だったが新技術は約300m3分運搬)
・施工人員の削減(従来は12人だったが新技術は5人)

期待される効果

・コストの削減(約12.1%削減)
・小断面で延長の長いトンネルへの適用が可能に
・覆工厚の薄いトンネル補修への適用が可能に
・発泡前の状態で搬入するため、環境負荷が大幅減(約1/30)
・工期の短縮(約28.6%減)
・早期固化、軽量化、省人員・設備で、施工時の安全性が向上

適用条件

① 自然条件
・気温5℃以下ではウレタン原液温調ヒーターが必要。
② 現場条件
・水圧がかかるほど水が溜まった箇所への注入は不可(水溜り程度は可能)
・L900×W700×H1150mm、重量150kgのキャスター付き発泡機が進入可能なこと。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・2液のうち1液は、危険物第4類第4石油類に該当(消防法)

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • 高所作業車
  • 削岩機
  • 注入機
  • 発動発電機
  • 発泡機
  • ミキシングヘッド
  • ユニック車
施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:36件
② その他公共機関:165件
③ 民間等:5件
会社名
アキレス(株)
TEL
03-5338-9200
URL
http://www.achilles.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法