NETIS登録番号:

C-ONE工法 下水道管きょ更生技術2022/08/03 更新

  • C-ONEライニング材 反転状況
  • 施工前 多量の浸入水
  • C-ONE工法施工後の管内
  • 腐食の進んだ管内
  • C-ONE工法施工後の管内

概要

老朽化した地中の既設管路内に、熱硬化性樹脂を含浸した更生材を反転挿入し、温水を循環させて新たな管を築造する非開削の工法。簡単な管理で耐震化ができ、老朽管がよみがえる。

期待される効果

1.非開削で施工をするため、地下埋設物に影響を与えることがなく、施工後の現状回復も早い。
2.本管の施工は、ステージ式で水圧+空気圧により既設管路内に反転挿入する方法や、反転機を使用して、空気圧により反転挿入する方法、小規模の施工では引き込みによって更生材を設置する方法など、現場の状況等に応じて施工方法を選択することができる。
3.塩ビ管新管と同等程度の粗度係数を有しており、流下能力の向上が見込める。
4.本管と取付管で同一の更生材を使用することで水密性を有する一体化施工ができ、浸入水対策として有効。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
C-ONE工法協会
TEL
017-737-0401
URL
http://www.c-one-ma.com/

このカテゴリーでよく見られている工法