NETIS登録番号:KK-190025-A

2次覆工コンクリート急速施工2021/03/03 更新

  • 1サイクルあたりの作業工程表

概要

2次覆工コンクリート打設工において、2台のコンクリートポンプ車を使用して4箇所同時に均一に打設できる、2方向へ分岐する圧送管を使用した打設工法。各圧送管にはコンクリートの流量を調整する装置を備えている。

新規性

コンクリート圧送管に分流・流量調整ユニットを用いて均等に打設し、さらにポンプ車2台の使用により4箇所同時に打設可能とした。

期待される効果

・4箇所同時打設とすることにより、打設に掛かる時間を従来の6時間から4時間程度に短縮され、施工性が向上する。
・打設時間の短縮により労務費が軽減され、経済性が向上する。
・セントル移動・セットとコンクリート打設を1日で行うことで、養生時間が従来の51時間/週から120時間/週となり、コンクリートの品質向上が期待できる。

適用条件

① 自然条件
・トンネル坑内の為天候等に影響されない
② 現場条件
・スライドセントル1台、生コン車2台、ポンプ車2台が必要となり、250m2程度の施工スペースが必要となる
③ 技術提供可能地域
・日本全国技術提供可能
④ 関係法令等
・従来と同様

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
テクノプロ(株)
TEL
078-964-2760
URL
http://techno1988.com

このカテゴリーでよく見られている工法

詳細を見る
岐阜工業(株)

ラップアングル表面をスキンプレート面より内側に移動させて足付きダミージョイントを用いたセントル(ノンラップセントル)