NETIS登録番号:KK-150047-VE

サイド・ドレン工法(水平導水)2022/08/09 更新

  • サイド・ドレン(写真はS型)
  • サイド・ドレン曲げ加工品(色は変更前)

概要

トンネル上下半目地からの漏水や橋梁上部からの漏水を、サイド・ドレンを使用して漏水を延長方向に導く。漏水量によりボックスの大きさを変更でき、それぞれに標準型、カバー型、耐寒カバー型がある。

新規性

・硬質塩ビ製のコーナー部と硬質塩ビ製のボックスを横から差し込み一体化させた形状にすることで、漏水量によりボックスの大きさを変更することができる。
・標準型、標準カバー型、耐寒カバー型がある。

期待される効果

・コンクリート斫りによる粉塵が少なく、コンクリートカットによる騒音も低減される。
・ボックスの大きさが変更できることにより、漏水が多い場所での使用が可能になった。

適用条件

① 自然条件
 トンネル内の施工で交通規制が出来る範囲の気象条件であれば施工可能
② 現場条件
 作業スペースは3m×10m=30㎡(資材運搬車)以上必要
③ 技術提供可能地域
 日本全国技術提供可能
④ 関係法令等
 道路構造令

施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:93件
② その他公共機関:592件
③ 民間等:98件
会社名
ニホン・ドレン(株)
TEL
0776-41-3725
URL
https://www.n-doren.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法