NETIS登録番号:KK-130016-A

SAM工法補強タイプ2018/12/03 更新

  • 構造概念図
  • イメージ図

概要

SAM(発泡スチロール)の優れた緩衝性能+補強材(ジオグリッド)のもつ分散性能を組み合わせたハイブリッド緩衝工法。

新規性

・SAM工法補強タイプは、既設シェッド上に衝撃緩衝後の落石衝撃力が638kNのSAMフォーム(発泡スチロール)と引張強度34~106kN/m以上の補強材(ジオグリッド)を組合わせて積重ねることにより対応落石エネルギーを1500kJ以内とした。

期待される効果

・既設シェッド上に、SAM工法補強タイプを設置することで、既設シェッドを取壊しプレキャスト製の新設シェッドを構築することにより工事日数短縮及びコスト削減が図られる。

適用条件

① 自然条件
・豪雨・豪雪・風速10m以上でクレーン作業等施工不可
② 現場条件
・施工延長30mの場合
・作業スペース:5m×15m=75m2
・仮置スペース:10m×10m=100m2
③ 技術提供可能地域
・日本全国技術提供可能
④ 関係法令等
・特になし

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • ラフテレーンクレーン
施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:0件
② その他公共機関:1件
③ 民間等:0件
会社名
SAM協会
TEL
025-287-7483
URL
http://www.sam-kyokai.com/

このカテゴリーでよく見られている工法