NETIS登録番号:KT-130033-A(旧登録)

セイフティーフラット工法2020/02/14 更新

  • 主要機械
  • 施工事例

概要

舗装工事の際、先行して既存人孔鉄蓋を一時撤去、仮蓋にて埋め戻し、障害物のない状態での施工を可能とする工法。切削・スキ取り・転圧に際し、障害物がないため、機械による連続作業が可能となり、能率アップ・工期短縮につながる。また、施工中は人孔蓋へのすり付けが不要で、通行車の安全確保と段差解消による騒音・振動の大幅な低減が図れる。舗装各層敷き均し・転圧が均等にできるうえ、人孔蓋への高さ合わせが不要で高品質な舗装が可能となる。舗装完了後、円形カッターにより蓋設置に必要最小限の径で残存舗装に影響を与えないよう舗装を切断し、蓋を設置する。舗装仕上がり面に蓋の高さを合わせ、周辺舗装材と同等な材料で復旧するため、品質・見栄えの良い出来形となる。

続きを見る

新規性

・舗装工事時のマンホール蓋の高さ調整を施工前から施工後に変えた。

期待される効果

・施工後に変えたことにより、専用仮蓋でマンホールを埋め込むことで、マンホール蓋部を配慮して施工を行う必要がないため、省力化、工程の短縮及び経済性の向上が期待できる。

適用条件

① 自然条件
・特になし。
② 現場条件
・施工スペース幅2.5m長さ20m~30m
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • 大型敷き均し機
  • 大型切削機
  • 大型転圧機
  • 油圧式円形カッター

カタログ

カタログPDF①

カタログPDF②

施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:  2017年度 4か所
② その他公共機関:2017年度 1300か所
③ 民間等:    2017年度 400か所
会社名
(株)シー・エス・ケエ
TEL
052-332-8061
URL
http://www.csk-sf.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法