NETIS登録番号:

エポマー工法2018/12/03 更新

  • エポマーGP-303 C種対応
  • エポマーGP-303 D種対応

概要

下水道施設用コンクリート防食被覆工法。エポマーは、エポキシ樹脂をベースとした上下水道向け塗布型ライニング材料で耐硫酸性に優れる。

新規性

・ビルピット用防食被覆工法向け「エポマーGP-303」は、無機酸、有機酸(酢酸、蟻酸、プロピオン酸など)、洗浄剤及びアルコール類に対する耐食性の強い材料。スチレンモノマーなどの溶剤が含まれていないので、スチレン臭の発生がなく、良好な作業環境を提供

期待される効果

・無機酸だけでなく有機酸(酢酸、蟻酸、プロピオン酸など)や洗剤に対する耐食性がある
・ノンクロス仕様により工期短縮が可能
・無溶剤型エポキシ樹脂なので、ビニルエステル樹脂に比較して安全性に優れる

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
旭化成アドバンス(株)
TEL
03-5404-5030
URL
http://www.asahi-kasei.co.jp/advance/jp/

このカテゴリーでよく見られている工法