NETIS登録番号:KT-180067-A

プレキャスト埋設型枠SRフォーム2020/02/26 更新

  • 岩手県内防潮堤施工(SRフォーム)
  • SRフォーム施工状況

概要

大型プレキャストブロックの埋設型枠による堤防被覆工法

新規性

・従来の合板や鉄製の現場打ち型枠を大型プレキャストブロックの埋設型枠に変えた。
・止水板の施工が容易になるように止水板設置溝を設けた。

期待される効果

大型プレキャストブロックの埋設型枠に変えたことにより、
・型枠組立、解体・撤去作業が不要となるため工期短縮が図れる。
・現場打ち型枠が削減できるため省資源化により周辺環境の向上が図れる。
・クレーンによる機械化施工により省力化されるため施工性が向上する。また、ブロックに止水板設置溝を設けたことにより、止水板の施工が容易になり、伸縮目地の施工性が向上する。
・型枠の組立作業が機械化により省人化されるため安全性が向上する。
・埋設型枠は工場で製造管理されているため品質にばらつきが少なく品質の安定が図れる。
・型枠工の削減、施工性の向上により作業員が低減され経済性が向上する。

適用条件

①自然条件
・雨天等の悪天候時には施工を避ける。
②現場条件
・製品搬入路:4m以上、製品据付用重機の設置ヤード:25tラフテレーンクレーンの場合 6.3×11=70㎡程度、ブロック仮置きヤード:施工面積100㎡(製品50個)の場合、2.2×30=66㎡程度の確保が必要。
③技術提供可能地域
・技術提供可能地域については制限なし。
④関係法令等
・特になし。

施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:0件
② その他公共機関:15件
③ 民間等:0件
会社名
菱和コンクリート(株)
TEL
03-5981-8691
URL
http://www.ryowa-concrete.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法