NETIS登録番号:KK-120044-VE

土木用摩擦低減材2018/12/03 更新

  • 地盤の緩み防止・土付着防止
  • 土留め芯材の型枠利用
  • 遮断工
  • ケーソンの周面摩擦低減
  • 本材料塗布の場合

概要

多くの杭(鋼材)が土木工事における仮設の土留め芯材として地中に埋設され、工事終了後にも引抜き撤去の困難さから、その多くがそのまま地中に放置されている。当工法はその地中の杭(鋼材)を撤去する技術である。フリクションカッター®塗布剤と被覆材は従来のケーシング工法に比べ、工事・重機の簡素化により作業安全性を向上させ、引き抜き工期の短縮により撤去費用を低減できる。また、地盤と地下の仮設構造物とのネガティブフリクション対策にも応用できる。

続きを見る

新規性

・従来は、圧入時に仮設鋼材表面に対して何も処理していないが、本技術は、予め工場で仮設鋼材表面に、塗布剤の塗布または被覆材シート(シートロールタイプ)の貼付け処理を行う。
・従来は、仮設鋼材を引抜くときの周辺地盤の変状が大きかった(試験値/沈下量:-35mm)が、本技術は、周辺地盤変状を抑制(沈下量:-5mm)する。

期待される効果

・仮設鋼材およびケーソンを引抜き撤去および沈設するときの地盤との摩擦を低減して周辺地盤の変状を抑制できるメリットがある。また、鋼材表面への土砂の付着を著しく抑制することから引抜き回収した鋼材に付着した土砂の除去等(整備)が簡便となりリサイクル性を向上させる。

適用条件

① 自然条件
・施工現場においては、雨天時の場合、鋼材表面が濡れて塗布材が定着しない。
また、塗布材が雨水を吸水して膨潤し流れ落ちるので塗布ができない。
さらに、強風、降雪時は施工不可。
② 現場条件
・打設等を行う機械を設置(施工)するスペースとして、8m×13m=104m2 必要。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • バイブロハンマ
  • 発動発電機
  • パワージャッキ
  • 油圧圧入引抜機
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)ゴウダ
TEL
078-251-2451
URL
http://www.mgb.gr.jp/gohda/

このカテゴリーでよく見られている工法