NETIS登録番号:KT-140103-A(旧登録)

STTG工法(耐久性止水工法)2023/01/12 更新

  • STTG工法の止水の特徴と注入写真
  • 資機材のイメージ写真
  • ダム監査廊内への漏水対応状況
  • 下水幹線トンネル大漏水対策状況(1/2)
  • 下水幹線トンネル大漏水対策状況(2/2)

概要

コンクリート構造物の継ぎ目・ひび割れなどから発生する水漏れを、しっかりとストップする長期耐久性を有する新しい止水工法。従来用いられてるウレタン材を使った工法は、付着性・伸びが殆ど無いため、継ぎ目等の変位に追随せず、長期耐久性に欠けるという課題があった。そのため、伸び、付着に強い石油樹脂・アクリル樹脂系材料を用いた長期耐久性のある「STTG工法」を開発した。

続きを見る

新規性

・STTG工法の主剤である「石油樹脂・アクリル系注入材」は、硬化後の耐久性はあるものの、硬化速度が遅いため、流れがあるなど漏水量の多い箇所の補修には不適である。そのため、硬化速度を少量のウレタン材を混合することにより適度に速め、伸び、付着性ならびに長期耐久性に優れた新しい止水材を開発した。
・主材と硬化促進剤(ウレタン)との混合は、それぞれ専用ポンプで圧送し、混合割合(硬化促進剤5~10%)を制御しながら注入直前に撹拌混合することで、材料の硬化時間を5時間から5~20分に早め、コンクリート構造物のひび割れ、継ぎ目部からの漏水を防ぎ、長期耐久性を有した止水工法を確立した。

期待される効果

・従来用いられているウレタン材の課題であった再漏水を防止でき、以下の効果が期待できる。
①コンクリート躯体の劣化対策(特に塩害、ASR)
②下水道料金の低減
③長期的(LCC)な費用低減

適用条件

■適用条件は以下のとおり
①ひび割れ・打継目の幅:0.2mm~2cm程度
②コンクリート構築厚さ:20cm程度以上
③作業条件:作業環境 0~40℃程度
④その他条件
 ・塩分混入については、問題なし
 ・油分、強酸が混入している場合は検討が必要
 ・大漏水への対応は、個別検討。特殊な方法により対応可能(掲載画像「下水幹線トンネル大漏水対策状況」参照)
■対象設備
・各種トンネル、下水道施設(処理場・建物、本管)、鉄道施設、ダム(監査路、提体)、砂防堰堤、
 地下駐車場、ビル(地下室、ピット)など

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • エアブロー
  • 撹拌機
  • 硬化促進剤注入ポンプ
  • 高所作業車
  • 混合機
  • 主材注入ポンプ
  • 注入バルブ
  • 注入用高圧パッカー
  • 発動発電機
  • ハンマードリル

動画

カタログ

カタログ(PDF)

施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:0件
② その他公共機関:50件
③ 民間等:344件
会社名
(一社)STTG工法協会
TEL
03-6715-4395
URL
https://www.sttg.or.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法