NETIS登録番号:KK-130040-A

鹿止金網2018/12/03 更新

  • 鹿止金網

概要

植生マット上部に設置することにより鹿の食害で発生する植生不良を防ぎ、マットの地山への密着を図る工法

新規性

・3㎝の厚みをを持つ特殊な立体構造とした。
・網目寸法を40㎜と小さくした。

期待される効果

・鹿止金網は3㎝の厚みがあり、網目を40㎜と小さくし鹿の口が入りにくくしているため、摂食されても3㎝以上の草丈が確保できる。代表的な緑化植物であるトールフェスクの下限刈高が3㎝であるため、この草丈を確保できれば、たとえ摂食にあったとしても、成長点は守られ衰退・枯死は免れる。
・鹿は摂食の際に3㎝厚・網目40㎜の鹿止金網の上を歩くこととなり、生育基盤や植物体が直接踏まれず、踏み荒らしを防ぐことができる。

適用条件

① 自然条件
・大雨、強風、積雪時は施工不可。
② 現場条件
・作業スペース:1m×0.5m×3人=1.5m2
・仮置きスペース:1.2m×4m=4.8m2(施工面積100m2分)
③ 技術提供可能地域
・日本全国に技術提供可能。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)テザック
TEL
06-6110-0001
URL
http://www.tesac.co.jp

このカテゴリーでよく見られている工法