NETIS登録番号:SK-130006-A

スーパーガイドパイル工法2018/12/03 更新

  • 先行案内杭
  • 先行案内杭

概要

鋼材にウォータージェットを取付、ガイドパイルとして先行掘削し、そこに本杭を施工する技術

新規性

・ダウンザホール掘削工法等により置換杭を施工した後、バイブロフォンサー等で本杭を打設していたものを、置換杭なしで、打設対象鋼材とほぼ同体をバイブロフォンサーでガイドパイル(先行案内杭)として先行打設させ引き抜いた後に本設杭を打設するように変更した。

期待される効果

・打設対象鋼材とほぼ同体をガイドパイル(先行案内杭)として先行打設させることにより、施工手間が省け、それにより工期短縮・工費削減につながった。鋼管杭や鋼矢板、H鋼、鋼管矢板等、ウォータージェット配管が可能であれば様々な打設鋼材に対応できる。

適用条件

① 自然条件
・天災・荒天候の場合を除き、特に制限はない。
② 現場条件
・クローラークレーンをベースマシンとするため、クレーンの組立ヤードが必要(20×5m程度)
・材料置場(鋼管杭等)
・杭打機等削孔機器ヤード(5.0×10.0m程度)
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する機械・工具

  • 杭打機
  • 先行案内杭
  • 超高圧ロックウォータージェット
  • パワーパック(550F)
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)高知丸高
TEL
088-845-1510
URL
http://www.ko-marutaka.co.jp

このカテゴリーでよく見られている工法