NETIS登録番号:KT-110058-VR

eプレート工法2018/12/03 更新

  • eプレート工法適用部位

概要

炭素繊維シートeプレートによる鋼・コンクリート構造物の曲げ補強工法

新規性

・補強材を鋼板からeプレートに変えた。
・補強材の取付方法をアンカー固定及び樹脂注入から接着のみに変えた。

期待される効果

■eプレートに変えたことにより、以下の効果が期待できる。
・腐食の心配がなく、品質(耐久性)が向上する。
・鋼板に比べてヤング係数が高いため、補強量が減少し、経済性が向上する。
・施工が簡略化され、工期短縮に繋がる。
・軽量で、人力により接着できるため、施工性が向上する。

■接着のみに変えたことにより、以下の効果が期待できる。
・削孔等で既存構造物に損傷を与えることなく補強を行なうことができ、品質が向上する。

適用条件

① 自然条件
・湿度が85%以上の場合や雨天または結露の可能性がある場合には施工を中止する。
② 現場条件
・樹脂練混ぜ、塗布作業に作業スペースとして2.0m×2.5m 5.0m2程度必要である。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • コテ
  • ディスクサンダー
  • ヘラ
  • ローラー
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
三菱ケミカルインフラテック(株)
TEL
03-3279-3443
URL
http://www.mp-infratec.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法