NETIS登録番号:QS-090031-VE

コンクリート保湿・保温養生シート(LHT)2018/12/03 更新

  • LHTシート設置完了(トンネル覆工コンクリート)

概要

気泡緩衝材を表面に張り付けて、長期間養生する工法

新規性

・従来はセントル設置期間12~18時間が養生期間であるのに対して、養生期間の制限を受けない。
(セントル脱枠直後から竣功日まででも可)
・装着、剥がす、再装着等施工が簡単にできる。
・転用可能。さらに転用しなくても低コスト。
・養生システムを構築するための準備期間や準備費が必要ない。
・高い保温・保湿効果がある。

期待される効果

・コンクリート断面内の温度差を小さくすることができる。
・コンクリート温度を緩やかに降下させることができる。
・コンクリート表面を長期間湿潤状態に保つことができる。
これらによりひび割れを抑制することができる。

適用条件

① 自然条件
・水溶性接着剤のため雨天時の施工は避ける。
② 現場条件
・作業スペースとして高所作業車を用いた場合幅3m×長10m=30m2程度必要。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • 足場
  • 高所作業車
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
日本国土開発(株)
TEL
03-5410-5860
URL
http://www.n-kokudo.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法