NETIS登録番号:KT-160010-A

プレキャスト支圧壁バックロック工法2019/04/10 更新

  • バックロック工法全景

概要

推進工法で使用する、支圧壁をプレキャストで構築する技術

新規性

・推進工法で立坑内に構築する支圧壁を現場打ちコンクリートからプレキャスト製品に変えた。

期待される効果

プレキャスト製品に変えたことにより、以下の効果が期待できる。
・支圧壁の再利用が可能となり廃棄物の発生が低減するため地球環境への影響低減が図れる。
・型枠設置、コンクリート打設及び型枠撤去が不要となり、支圧壁を設置する作業が軽減するため省力化による施工性の向上及び工程の短縮が図れる。

適用条件

① 自然条件
・強風(10分間の平均風速が10m/sec以上の風)のためクレーン作業に危険が予測されるときは、作業中止。
② 現場条件
・一基当たりの最少設置スペース3.0m×7.0m(21.0m2)
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・クレーン等安全規則

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • ホイールクレーン
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
秩父コンクリート工業(株)
TEL
03-3844-5061
URL
http://www.chichicon.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法