NETIS登録番号:CB-090029-VE

金網付植生マット工法2019/04/09 更新

  • 徳島県
  • 岐阜県

概要

金網・ヤシ繊維ネット・植生マットの三層構造の一体化により人力のみでの施工を可能にし、さらに施工初期の表流水や積雪、凍上に対する対応を可能とした技術。

新規性

・従来技術では、植生完成前の表流水、積雪・融雪に対して基盤の流亡という懸念があったが、新技術は金網、ヤシ繊維ネット、植生マットによる三層構造を一体化させたことにより、より強固な緑化基礎を形成されることができ、表流水や積雪・融雪から生育基盤を保護することを可能とした。
・従来技術では、吹付けた基盤は無防備であったため、凍上により浮き上がった基盤が剥落する場合があった。しかし、新技術では三層構造によるマルチング効果により、基盤の剥落を防止することを可能とした。
・従来技術は、専用の機械や熟練工を必要としたが、新技術は人力のみでの施工が可能である。

期待される効果

・金網、ヤシ繊維ネット、植生マットによる三層構造により、積雪・融雪や、凍上への保護効果が期待できる。
・コスト削減が可能となる(12.25%縮減)。
・施工性(工程)の短縮(32.96%短縮)。
・構成素材が完全に腐食分解するため、周辺環境への影響の緩和が期待できる。
・工場生産品であるため、安定した品質が期待できる。
・鹿等による踏み荒らしなどの獣害への耐性が期待できる。

適用条件

① 自然条件
・土壌硬度:30mm以下の斜面(山中式硬度計数値)
・斜面勾配:1:0.8(51.3度)より緩い斜面
② 現場条件
・造成されたのり面や自然斜面に適用する。
③ 技術提供可能地域
・特に制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

施工単価
お問い合わせ
実績件数
① 国土交通省:138件
② その他公共機関:956件
③ 民間等:39件
会社名
国土環境緑化協会
TEL
0868-28-0460
URL
http://www.kanryokukyo.com/

このカテゴリーでよく見られている工法