NETIS登録番号:CB-130002-A

シャットファルトⅡ2018/12/03 更新

  • 完成

概要

遮熱性塗料に改良を加え臭気が少なくなるよう改良を加えた塗料

新規性

・従来の遮熱性舗装は、塗料の揮発性が高く施工時に特有な強い臭気を発生するため通行人等に不快感を与えることがあったことから、遮熱性塗料に改良を加え現場周辺並びに作業環境の改善を図った(低臭タイプ)。また、従来の遮熱性舗装は、母体のアスファルト舗装として排水性舗装を使用していたが、既設のアスファルト舗装にも適用するため、密粒度アスファルト舗装にも適用できるよう改良を加えた。

期待される効果

・夏季路面温度を通常アスファルト舗装より7~10℃低減。
・路面表面の皮膜形成による排水性舗装の品質の改善(すべり抵抗性向上、骨材飛散抵抗性向上、空隙つぶれ抵抗性向上)
・路面温度低減による環境(快適性)の改善。
・路面温度低減による品質の向上(塑性変形抵抗性の向上)
・明色化により、夜間、雨天時の視認性の向上。
・路面のキメ改善によるタイヤ路面騒音の低減。
・繁華街等の人通りが多い場所の施工において、通行人等に臭気による不快感を与えることがない。

適用条件

① 自然条件
・遮熱性塗料の散布条件は、路面温度10℃以上50℃未満とする。
・散布路面に水分がないこと。
② 現場条件
・遮熱性塗料等の資材のストック場所が必要となる。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • 散布装置
  • 発電機
  • トラッククレーン
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
日本道路(株)
TEL
03-3571-4641
URL
http://www.nipponroad.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法