NETIS登録番号:CB-090028-VE

ハンドホール用配管取付の新工法「PL工法」2021/11/22 更新

  • PL工法断面図

概要

ハンドホールの配管接続を省力化する技術。

新規性

・モルタル及びボンド類が一切不要。
・ねじ込み締め付けのみの簡易な作業。
・各メーカー螺旋形状のFEP管すべてに対応。
・壁厚に適用制限なし。
・リサイクル材であり且つ難燃素材。

期待される効果

・モルタル及びボンド類を使用しないので工程が格段に減り、天候に左右されず、すぐに埋め戻しができるので経済性が向上する。
・誰でも簡単に施工ができるので経済性の向上がはかれる。
・簡易な作業なので確実な施工ができ品質が向上する。
・メーカー違いの螺旋形状FEP管に汎用的に対応できる。
・壁厚の制限なく使用できる。
・従来のベルマウスよりフランジの径が大きくなり、厚みを持たせる事によって引き抜きに対する強度が強くなった。

適用条件

① 自然条件
・モルタル及びボンドを一切使用しないので、四季を通じて季節天候に影響されることなく作業できる。
② 現場条件
・完全乾式工法なので、水を使用せず、練るスペースも要しない。
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
(株)立基
TEL
052-938-4841
URL
https://www.tatsuki-k.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法