NETIS登録番号:KT-980135-VE(旧登録)

LDiS(エルディス)工法2018/12/03 更新

概要

高圧噴射工法と機械攪拌工法を併用し固化材混入スラリー量と同等量の原土を排土することで周辺地盤への変位を抑制する技術

新規性

・大口径かつ均一な改良体を造成し、変位低減のための排出土にスラリーが混入しにくいロッドヘッドの開発。
・超高圧、大吐出量の固化材スラリーを噴出するための超高圧ポンプの開発。
・集中管理システムの開発。

期待される効果

・施工時の周辺地盤変位を抑制する。
・排出土にスラリーの混入がほとんどないため、水中施工が可能である。
・山留め壁、矢板等との密着施工が可能である。
・幅広い土質に対応できる。
・施工管理システムにより、施工管理が容易である。
・無機質のセメント系固化材を使用するため、無公害で長期的にも安定した改良強度が得られる。
・施工機械が小型・軽量化で、機動性の高い低騒音、低振動工法である。

適用条件

① 自然条件
・LDis工法の土質条件は以下の通り。
 砂質土:N≦20
 粘性土:粘着力C≦70kN/m2
 腐植土:含水比W≦1000%
② 現場条件
・約120m2(1プラント・1マシン施工時)のプラント設置が可能。
・マシンの上空制限 6.0m以上
③ 技術提供可能地域
・制限なし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • LDiSヘッド
  • LDiSマシン
  • 超高圧大容量ポンプ
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
小野田ケミコ(株)
TEL
03-5615-7030
URL
http://www.chemico.co.jp

このカテゴリーでよく見られている工法