NETIS登録番号:QS-110036-VE

GMラウンド工法2019/04/10 更新

  • GMラウンド工法概要

概要

がたつき防止性能や浮上・飛散防止性能等を備えた既設マンホール蓋取替え工法

新規性

・舗装版切断機として、GMラウンドカッターを採用した。
・「しっかりアンカー」と「ラウンドベース(超早強性無収縮モルタル)」の採用で、品質の確実性が高まる。

期待される効果

・サイレントブレードを使用することで、切断時の騒音や特異の耳障り音の低減が可能となる。
・高強度樹脂系の「しっかりアンカー」は、本体に取付けられたゴムを拡張し、仮固定ができるため、硬化を待たず次作業へ移行が可能となり、工期短縮が期待できる。
・早強性無収縮モルタルの「ラウンドベース」は、ゲル化状態が一般的な無収縮モルタルよりも長いため、傾斜地での施工にも擦り付け作業が行え、正確な表層厚を確保できる。更に、エコマークを取得しているため、環境へも配慮している。
・ラウンドベースの混練の際に「簡易計量カップ」を使用することで、計量が難しい傾斜地や夜間工事でも容易で正確な計量が可能。
・受枠設置の際に、「受枠サスペンダー」を使用することで、φ300~φ900までのマンホール蓋を容易にグラウンドレベルと合わせることが可能。

適用条件

① 自然条件
・使用する資機材の強度や硬化に影響しない条件(気温5~35℃)であれば、使用可能である。ただし、冬場は寒中施工の要領に基づき実施のこと。
・雨天時は施工不可。
② 現場条件
・GMラウンドカッター旋回範囲内(回転半径750mm内)に障害物、段差がなければ施工可能。
・道路の最大勾配まで施工可能。
③ 技術提供可能地域
・特になし。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

使用する機械・工具

  • GMラウンドカッター
  • ブレーカー
施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
日之出水道機器(株)
TEL
092-476-0777
URL
http://www.hinodesuido.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法