NETIS登録番号:QS-110041-VE

KCスタンドフォーム2019/07/22 更新

  • 堰堤目地部分へのKCスタンドフォーム設置状況
  • KCスタンドフォームコンクリート打設面拡大状況

概要

ガラス繊維とポリエステルビニロン繊維の繊維強化セメント(FRC)を使用した埋設型枠の技術

新規性

・コンクリート打設面を凹凸加工(ショットブラスト)ではなく、全面不織布仕上げとした。
・材質を2種類の繊維強化セメントとした。(ガラス繊維とポリエステルビニロン繊維)

期待される効果

・コンクリートとの付着性能が向上し、埋設(残存)型枠に使用できる。
・材質をFRC製としたことで、板厚が6~10mmと薄く出来た。
・水路補修(被覆工)に使用する場合、耐久性(耐磨耗性、中性化)が向上する。

適用条件

① 自然条件
・悪天候(台風、暴風雨等)でない限り作業可能。
② 現場条件
・現場打ちコンクリートが可能な工事。
・運搬、設置が人力で行える為、重機等のスペースを考慮する必要なし。
・KCスタンドフォーム仮置きの為、2m2程度のスペースが必要です。
③ 技術提供可能地域
・全国に提供可能です。但し、ロットや地域による価格や運賃が異なる。
④ 関係法令等
・特になし。

使用する資材の分類名称

施工単価
お問い合わせ
実績件数
お問い合わせ
会社名
インフラテック(株)
TEL
099-252-9911
URL
http://www.infratec.co.jp/

このカテゴリーでよく見られている工法