資材・工法データシート一覧

2017.07.18

異形鉄筋用機械式継手「NEW ボルトップス 他」

東京鉄鋼株式会社        NEWボルトップス(場所打ち用モルタル充填式継手)   サイズ:D13~D51 鋼種:SD295A~SD490、USD590   ■ 特 徴 1.全ての異形鉄筋に適用 2.芯ずれした鉄筋の接合が可能 3.継手部に伸びや縮みが生じない 4.ボルトにより、組付け、位置固定が容易   NEWボルトップス   ■ 日本建築センターA級   評定番号:BCJ評定-RC0420-02(SD490以下)   評定番号:BCJ評定-RC0202-03(USD590)   ■(一財)土木研究センター「鉄筋継手性能評価試験SA級」   報告書番号:土研セ企性第1610号          プレートフック(ネジ式プレート定着型せん断補強鉄筋)   サイズ:D13~D32 鋼種:SD295A、SD345   ■ 特 徴 1.定着性能は、半円形フックと同等 2.複雑な配筋も、フックがないため施行性向上 3.ネジ式かつ分離型のため、簡単施行で高品質を確保 4.施行は簡単な器具だけで良く、だれでも接合施行可能 5.現場職人の有効活用が出来、トータルコストダウンが可能   プレートフック   ■(一財)土木研究センター「建設技術審査証明書」   証明番号:建技審証0511          プレートナット(機械式定着金物)   サイズ:D16~D51 鋼種:SD295A~SD490、USD590、USD685   ■ 特 徴 1.柱・梁の納まり部の簡素化 2.定着強度はアンカー筋と同等以上 3.複雑なアンカー筋が無いため施行性が向上 4.一般評定取得のため特別な手続きが不要   プレートナット   ■ 日本建築センターA級   評定番号:BCJ評定-RC0152-08(SD490以下)   評定番号:BCJ評定-RC0213-04(USD590、USD685)          せん断補強プレートナット工法   サイズ:D13~D41 鋼種:SD295A~SD390   ■ 特 徴 1.定着性能は、半円形フックと同等 2.複雑な配筋も、フックがないため施工性が向上 3.鉄筋と定着金物が分離型となっているため、現場での調整が容易     ■(一財)ベターリビング一般評定   評定番号:評定CBLRC002-10号        

2017.07.18

異形鉄筋用機械式継手「ネジテツコン 他」

東京鉄鋼株式会社        ネジテツコン(高張力ネジ節棒鋼)   「ネジテツコン」は、土木建築構造物の大型化や鉄筋の太径化に伴う、鉄筋継手の信頼性の向上、施工性の簡素化などの要望に応えるために開発されたものである。   近年では現場での品質管理向上を目的に、鉄筋の表面に鋼種・サイズの識別を施した「カラーマークネジテツコン」を新たに開発した。     ■ 特 徴 1.ネジテツコンは熱間圧延で表面の節をネジ状に形成した異形鉄筋である。 2.異形鉄筋の全ての節がネジ状になっているので、どこで切断しても任意の位置で接合で   きる。 3.特殊な技能を必要とせず、信頼度の高い継手性能が安定して得られる。 4.全天候での継手作業が可能で、工期短縮が図れる。 5.鉄筋の組み立てが容易で、先組工法に適し、現場での施工を簡単にする。 6.特殊用途として、全ネジを利用したロックボルト、タイロッド、アンカーボルト、仮設   材、コンクリートの打ち継ぎ用など広範囲に活用できる。     ■ 品 質 規 格 ネジテツコンはJIS G 3112に準拠して製造しており、すべてJIS規格を満足している。   製造鋼種   カラーマークネジテツコン          エポキシネジテツコン(エポキシ樹脂塗装鉄筋)    エポックジョイントEP(エポキシ樹脂塗装継手)   サイズ:D19~D51 鋼種:SD345~SD390   「エポキシネジテツコン」は、土木学会の「エポキシ樹脂塗装鉄筋を用いる鉄筋コンクリートの設計施工指針」に準拠した異形棒鋼である。従来、材料の鉄筋・継手は素材メーカーで品質保証し、エポキシ樹脂塗装については塗装メーカーで品質保証したが、業界で初めて最終製品であるエポキシ樹脂塗装鉄筋と継手を一貫して品質保証するシステムを確立した。   ■ 特 徴 1.継手部のエポキシ補修(タッチアップ)不要 2.A級性能を確認した唯一の継手(2015年9月現在) 3.同列(いも)継手で施工可能 4.抜取り検査、超音波検査不要 5.熟練した職人不要 6.大がかりな機械不要   ■(一財)土木研究センター「鉄筋継手性能評価試験A級」   報告書番号:土研セ企性第1402号   ■(一財)ベターリビング一般評定   評定番号:評定CBL RC007-14号   エポキシネジテツコン/エポックジョイントEP          トップスジョイントDSタイプ(PCa用継手)   サイズ:D13~D51 鋼種:SD295A~SD490   ■ 特 徴 1.外形がストレートであるため配筋の際にフープをかけやすい。 2.長さが短いので、コンクリートの回りも良好。 3.ノロ止めシールの気密性が高いため、継手内へのノロの流入がない。     ■ 日本建築センターA級および条件付きSA級   評定番号:BCJ評定-RC0222-04          エポックジョイント(樹脂グラウト継手)   サイズ:D19~D51 鋼種:SD295A~SD490、USD590、USD685 サイズ:D10~D16 鋼種:SD295A~SD390   ■ 特 徴 1.同列(いも)継手で施工可能 2.抜き取り検査、超音波検査不要 3.天候の悪い日でも作業可能 4.熟練した職人不要、人手削減 5.大掛かりな機械不要   エポックジョイント   ■ 日本建築センターA級   評定番号:BCJ評定-RC0021-08(SD490以下)   評定番号:BCJ評定-RC0174-04(USD590、USD685) (公社)土木学会「鉄筋継手評価指針(案)」のA級継手を満足          フリージョイント(Fタイプ継手)   サイズ:D19~D51 鋼種:SD295A~SD490、USD590   ■ 特 徴 1.固定鉄筋の接合可能 2.ネジピッチ合わせ不要 3.同列(いも)継手で施工可能 4.抜き取り検査、超音波検査不要 5.天候の悪い日でも作業可能 6.熟練した職人不要、人手削減   フリージョイント   ■ 日本建築センターA級   評定番号:BCJ評定-RC0112-06(SD490以下)   評定番号:BCJ評定-RC0209-02(USD590) (公社)土木学会「鉄筋継手評価指針(案)」のA級継手を満足   ■(一財)土木研究センター「鉄筋継手性能評価試験SA級」(無機グラウト継手)   報告書番号:土研セ企性第1604号          エポックジョイントSA(樹脂グラウト継手)   サイズ:D19~D51 鋼種:SD345~SD390   ■ 特 徴 1.塑性ヒンジ部での同列継手で施工可能 2.抜き取り検査、超音波検査不要 3.熟練した職人不要、人手削減 4.大掛かりな機械不要   エポックジョイントSA   ■(一財)土木研究センター「鉄筋継手性能評価試験SA級」   報告書番号:土研セ企性第2315号          リレージョイント(打継継手)   サイズ:D10~D51 鋼種:SD295A~SD490   ■ 特 徴 1.継手は加工済みの鉄筋にあらかじめ固定されて納入するため、現場での省力化を実現。 2.打継面に鉄筋が露出しないため、配筋、掘削作業が容易。 3.熟練した職人を必要とせず、人手削減。 4.打継施工はエポキシ樹脂を注入し鉄筋を挿入するだけ。   リレージョイント   ■ 日本建築センターA級   評定番号:BCJ評定-RC0282-06 (公社)土木学会「2007年度版鉄筋定着・継手指針」のA級継手を満足   ■(一財)土木研究センター「鉄筋継手性能評価試験SA級」(無機グラウト継手)   報告書番号:土研セ企性第1607号   ■(一財)ベターリビング 試験成績書(樹脂グラウト継手)   試験成績書:第16-0230号          

2017.07.18

異形鉄筋用機械式継手「スリムスリーブ Utype・Xtype」

日本スプライススリーブ株式会社   「モルタル充填式継手」のパイオニア、日本スプライススリーブが提供する現場打ち用鉄筋継手「スリムスリーブ」。スリムスリーブに更に改良を加え、一層“細い・短い”使用性抜群の継手「スリムスリーブXタイプ」を開発した。「スリム」、「スリムX」共に、現場における鉄筋組立時の「建方・セット」誤差を最大40mmまでカバーし継手性能は余裕を持ってA級を満足している。建築・土木などあらゆる分野で工期の短縮・省力化を実現し更なるトータルコストの削減に貢献する。          「 ス リ ム X 」 特 徴   ・スリーブ外径が更に細くなり、今までかぶり厚さの確保が難しかった現場でも、かぶり厚  さの問題が解消され用途の幅が広がる。過密配筋の箇所でも、継手間の空き寸法が容易に  確保できる。 ・スリーブ長さが更に短くなり、スリーブ上に掛かるせん断補強筋の本数が減り、現場での  施工の手間が格段に減り作業効率が向上する。 ・スリーブ内径は「スリム」と変わらないので、鉄筋の芯ズレや傾きによる誤差も吸収でき  る。          共 通 の 特 徴    ・鉄筋の突きつけ間隔を30mm(従来)から40mmに拡大(継手性能はA級)。 ・接合鉄筋の端部加工や精密切断が不要。 ・ねじ節鉄筋を含むあらゆる異形鉄筋の接合が可能。 ・芯鉄筋や多段配筋などの複数鉄筋もワンタッチで接合可能。 ・接合部に残留伸びや縮みが生じない。 ・ステンレス,非磁性材質の鉄筋にも対応可能。 ・エポキシを塗布した鉄筋の接合、継手本体へのエポキシ塗布も可能。              形 状・断 面            「 ス リ ム ス リ ー ブ 」 性 能   (一財)日本建築センターA級 BCJ評定-RC0393-03 (一財)土木研究センター「鉄筋定着・継手指針」に準拠した継手単体SA級 *1)性能評価 土研セ企性 第1403号 NETIS登録 KT-090044-VE   *1)土木SA級は、鉄筋の突きつけ間隔を30mmとした場合 *2)SD490鉄筋はD10、D13を除く *3)SD560・SD685鉄筋用継手(突きつけ間隔30mm)もあり          「 ス リ ム ス リ ー ブ X タ イ プ 」 性 能   (一財)日本建築センターA級 BCJ評定-RC0471-01 *1)D22、D25は異径間継手のみ可 *2)太径の鉄筋を大きい鋼種とする              

2017.07.18

鉄筋関連部材「せん断補強RMA工法」

株式会社ケー・エフ・シー   「RMA(ReinforcementbyMortarAnchor)」(以下RMA)は、補強が難しいとされていた供用中の既設構造物に対して、部材の片側からのみの補強施工が可能で、かつ、せん断耐力のみを向上(せん断耐力/曲げ耐力の比を向上)して、所要の地震時の安全性を確保することができ、グラウト作業の軽減、モルタルの品質の安定化を図り、効率的かつ容易に施工ができるあと施工型せん断補強筋の定着材料である。   「RMA」を用いてあと施工せん断補強したせん断耐力の補強効果を、標準の半円形フック付きせん断補強鉄筋でせん断補強した部材のせん断補強鉄筋によるせん断耐力寄与分に有効率を乗じたものとして評価できる。   あと施工のせん断補強筋は、JISG3112に適合する異形棒鋼。また、頭付きせん断補強筋として、両端を突起状にし定着性能を上げたタイプがある。   RMAは、耐震補強工事に使用するプレミックスモルタルを紙製カプセルに入れたもの。RMA通常タイプ以外にAFは上水道専用で、モルタルに含まれる酸化アルミニウムが基準値の3分の1程度になることが特徴。LTは夏期・長尺対応で、固化までの時間が長く施工性に優れている。          特 徴   1.環境性、耐火性、経済性、施工性、安全性に優れた工法である。 2.削孔が小径、一回であるため省力化が図れる。 3.現場で混練りすることなく一定の品質が得られるため、省力化が図れる。 4.シンプルな製品構成のため工期短縮が可能。 5.既存構造鉄筋への干渉が少なく、補強計画の実行性、現実性に優れる。高止まり対応が   可能であり、再削孔を抑制。 6.既存構造鉄筋に干渉した場合においてもフレキシブルに対応できる。 7.大型機械や特殊機械を用いないため、省スペースでの施工が可能。さらに、狭隘スペー   スでの継手施工が可能。 8.地中構造物(上下水道施設)、半地下(水門、堰、橋台)及び地上構造物に適用が可能   である。 9.せん断補強有効性実証試験検証工法。   ※有効期限平成29年8月5日 建設技術審査証明事業   (土木系材料・製品・技術・道路保全技術)   (一財)土木研究センター建技審証明1203号)          両端頭付きせん断補強鉄筋の標準配置 概略図   両端を突起状に圧造した異形棒鋼(SD345、転送ねじ継手の場合のみSD390)vD13、vD16、vD19、vD22、vD25、vD29、vD32     両端頭付きせん断補強鉄筋   夏期・長尺用 RMA-LT   上水道用 RMA-AF          

2017.07.18

鉄筋関連部材「ガチットフック/ピタットフープ」

株式会社恵信工業        ガチットフック   ■ 概 要 従来は溶接で連結させていた鉄筋と補強枠、あるいは鉄筋同士を、無溶接でつなげる締結金物。   ■ 特 徴 ・溶接による性能低下がない ・溶接検査の品質管理が簡略化され、作業効率が向上 ・熟練工が不要で、誰でも簡単に組み立てが可能 ・天候による作業中断がない ・金物サイズD10~51、FB・C形網・アングル全てに対応   ガチットフック 【Aタイプ】 ガチットフック 【Bタイプ】 ガチットフック 【BWタイプ】     ■ 適 用 ・現場造成杭(高張力鉄筋、ステンレス鉄筋も可能) ・地中連続壁工事 ・土木の躯体工事          ピタットフープ   ■ 概 要 今までにない太径の環状型フープ筋(D10~51)の製作が可能。     ■ 特 徴 ・フープ筋ジョイント部が不要でコスト削減 ・ジョイント部をフレアー溶接しないため、作業時間の短縮や品質管理の簡略化、溶接免許  を必要としない   ピタットフープ  ピタットフープ圧接状況     ■ 適 用 ・材質:SD295、SD295A、SD345、SD390 ・鉄筋筋:D10・D13・D16・D19・D22・D25・D29・D32・D35・D38・D41・D51     ■ 杭鉄筋用無溶接金物コンクリート充填       ■ 現場造成杭(KS工法)の施工 ・鉄筋籠の組立て     ・鉄筋籠の建て起こし       ■ 地中連続壁工事の施工 ・鉄筋籠の組立てと建て起こし            

2017.07.18

デッキプレート「QLデッキ/QLルーフ」

JFE建材株式会社        QLデッキ   ■ 特 徴 1.合成スラブ構造   QLデッキはデッキプレート表面のエンボス(特殊ずれ止め)などによりコンクリートとデ   ッキプレートそれぞれの特徴を効果的に発揮する合成スラブ構造である。   2.耐火フロア   床1時間耐火および床2時間耐火の国土交通大臣認定を受けており、認定条件では耐火被   覆などは不要である。   3.合成ばり構造に最適   連続的に敷設しても頭付きスタッドの効率を落とすことなく、容易に合成ばり構造にで   きる形状になっている。   4.断面効率が優れている   上下フランジのバランスも良く、また補剛溝を付け断面効率の向上が図れている。   5.経済的   合成スラブ構造および耐火フロアの特徴により各種工事費を低減できる。   耐火被覆の省略、小ばりの減少、床面ブレースおよび配筋の省略によりこれらの工事費   を節減すると共に施工効率が向上する。   安全な作業床が得られ各種工事が効率的に進められる。     ■ 断面形状・寸法       製品幅300mmについては事前に同社へ問い合わせること     ■ 仕 様     コンクリート 種類:普通コンクリート、軽量コンクリート(1種、2種) 設計基準強度:18N/mm2以上 スランプ:10~15cm推奨 厚さ6~10cm(評定範囲)   ひび割れ防止筋 標準的には6-150×150を床面全面に敷設。   耐火仕様 デッキプレートの敷込み条件(単純・連続)に応じて、耐火認定取得。単純支持の場合、耐火補強筋無しも可能。            QLルーフ(金属屋根下地材)     ■ 特 徴 1.デッキプレート単体で屋根30分耐火認定取得。 2.軽量、コスト削減、工期短縮が可能である。 3.断熱材と防水シートを採用することにより、断熱性能や気密性能が確保できる。     ■ 仕 様 1.デッキプレート デッキ高さ50mm、75mm、板厚1.2mm以上 支持条件:単純支持、連続支持 2.母屋との接合 ・母屋板厚6mm以上  焼き抜き栓溶接、打込み鋲 ・母屋板厚2.3~6mm未満  タッピンねじのねじ山をもつドリルねじ   下記については事前に同社へ問い合わせること 1.屋根30分耐火高断熱工法「FPIS屋根」 2.ソーラーパネルの取付け 3.木造梁への取付け          

2017.07.18

コラム「スーパーホットコラム」

ナカジマ鋼管株式会社   建築構造用熱間成形角形鋼管「スーパーホットコラム」は、熱間成形加工を最大の特色とする。断面が均質でかつ残留応力が除去され、鉄が本来持っている粘りある金属特性を有した商品である。       製品写真          特 徴   ・優れた伸び能力  降伏比(YR)が80以下であり、SN材と同等な値を示し優れた伸び能力を有する   ・高い座屈強度  残留応力がほとんどなく、高い座屈強度を有す   ・全断面が均一な硬さ  熱間成形により各部位とも均一な硬さ分布を有す   ・優れた溶接性  溶融亜鉛メッキ処理をしても角形鋼管コーナーR部の割れの心配がない   ・高いシャルピー値  各部位とも充分な靱性を有しており、高いシャルピー値を示す          設 計 上 の 利 点   熱間成形により塑性変形能力と溶接性に優れ、均質な材料特性を有し残留応力が除去された鋼材のため、『冷間成形角形鋼管設計・施工マニュアル』による設計上の制限が課せられない。高品質な建物を経済的に設計でき、同時に地震時における建築物の信頼性を高めることができる。   特に10mを超えるスパンを有する中高層の事務所ビルにおいて、柱重量および溶接量が低減され、かつ耐火被覆面積・仕上げ面積を削減でき、有効スペースを増やせるなどの建築デザイン上のメリットも得られ、総合的なコストダウンをはかることができる。            高 い 性 能 評 価   国土交通大臣による指定建築材料の認定取得 科学技術庁長官賞受賞 国土交通大臣「認定書」の縮小コピー 国土交通大臣「指定書」の縮小コピー   スーパーホットコラムSHC国土交通大臣「認定書」・「指定書」          

2017.07.18

軽量鋼矢板「軽量鋼矢板」

JFE建材株式会社   軽量鋼矢板は、薄鋼板を成形加工することにより高い断面性能を有する。仮設構造物としての土留め矢板として出発したが、現在は永久構造物としての護岸、岸壁、擁壁等の小規模構造にも多く採用されている。          特 徴   1.軽量で高い断面性能   軽量で高い断面性能を有した形状。(板厚4mm~7mm) 2.精度の高い形状   コイル(鋼帯)を冷間ロール成形のため、形状および品質が高い。 3.豊富な種類   用途に合わせた最適で経済的な矢板の選択が可能。 4.施工が容易   軽量で運搬・建込み・打込みが容易。          断 面 形 状 ・ 寸 法   1N~5Nまで6形式(13種類)ある。下記は代表的な形式          材 質   JIS G 3101「一般構造用圧延鋼材」SS400          断 面 性 能            用 途   1.岸壁   壁高2.0 ~5.0mと比較的小規模断面に使用され、構造形状はタイロッド式岸壁が一般   的。   2.護岸   河岸、堤防を流水による浸食から保護するために構築する構造物。構造形式は自立式、   タイロッド式、切梁式、親ぐい式が採用される。   3.法留工   護岸の法覆工の基礎となるが、軽量鋼を用いる場合は根固め工と共に、浸食防止及び漏   水防止にも大きな効果がある。   4.止水用   樋門や堰堤等の構造物の基礎に打ち込み、パイピングを防止する目的で使用される。築   堤等の浸透水遮断、漏水防止としても使用できる。          施 工 要 領   ・土質、矢板断面、根入れ長さ、現場環境を考慮し施工 ・打込み機械の選定は一般的にはバイブロハンマーが多く用いるが施工規模、能率等、諸要  因を検討の上選定。          打 込 み 方 法   単独打ちと、びょうぶ打ちがある。施工規模、土質、打込み機械等を考慮して選定。                

2017.07.18

ステンレス鋼「ポルカプレート」

日本冶金工業株式会社   ポルカプレートは従来のチェッカープレート改良し、軽量で、掃除しやすく、また意匠性にも優れたステンレス床用鋼板である。          特 徴   1.軽量   従来のチェッカープレートと比べ、1m2当り約1㎏軽量である(当社比)。板厚3mmの場   合は5%軽量となるので、コストダウンにつながる。   2.滑りにくい   ドイツ工業規格の耐すべり性試験(DIN51130)において、チェッカープレートと同じく   最高ランク(R13)を受けている。またCSR値(JIS A 1454)は、0.72(乾燥)である。   3.掃除しやすい   凸部が丸いので、箒で掃いた場合ゴミがほとんど残らない。また洗浄後の水切れも良好   である。   4.歩きやすい   従来のチェッカープレートと比べ、接地面積が約2倍(当社比)なので歩きやすい。   5.台車がガタガタしない   従来のチェッカープレートと比べ、台車がガタガタせず、走行音も静かである(当社   比)。          主 な 用 途   ・食品・医薬・化学工場のステージ、階段、床、 ・ピットカバー、エキスパンションジョイント、止水板          表 面 形 状 ( 代 表 例 )       3×1000×2000、3×1219×2438、4×1000×2000、4×1219×2438、4×1524×4000、6×1000×2000、6×1219×2438、6×1524×4000(他の寸法もあるので、要問合せ)                本誌読者へ無料サンプル(3×50×130)の提供が可能   無料サンプルのお申し込みは当社ホームページまで。 「ポルカプレート」で検索、または上記QRコードにて。          

2017.07.18

樹脂カプセル「ケミカルアンカー®」

日本デコラックス株式会社        新たに進化したケミカルアンカー・Rタイプ   1969年に製造・販売を開始して以来45年間、長年活躍してきたケミカルアンカー・Rタイプがさらに進化を遂げた。       樹脂および硬化剤、骨材がガラス管の中に入っているカプセル方式の接着系アンカー。   コンクリートなどの母材に所定の寸法で穿孔し、その中にカプセルを挿入、ハンマードリルなどでアンカー筋を埋め込むことにより、カプセル内容物が撹拌・混合され、その結果常温で約30分(20℃の場合)で硬化し、信頼性の高い安定した固着力が得られるあと施工アンカーである。          特 徴   1.建物の利用者や施工者の健康に配慮した設計 ① 厚生労働省が危険有害性情報として「発がんのおそれの疑い」、「生殖能又は胎児   への悪影響のおそれ」等を注意喚起している「スチレン」を原材料に使用しない。 ② 非スチレン系樹脂の採用により、嫌な臭いが低減し、現場の作業環境が改善。 ③ アンカー筋の埋め込み時の発生音が60dB未満に低減し、近隣への騒音対策も万全。   2.回転施工により施工性が楽に アンカー筋の埋め込み機械を従来のハンマードリル(回転打撃施工)から電気ドリル(回転施工)としたことで ① アンカー筋の埋め込み時間が約25%向上。(M16埋込深さ130mmの場合) ② 埋め込み機械が軽くなり、作業負担が大幅に軽減。   3.信頼性が高いガラス管タイプでさらに安心 ① 「各種合成構造設計指針・同解説」(一社)日本建築学会等、多くの指針に適合して   いるガラス管タイプ。 ② アンカー引張強度が約10%向上した(従来品比較)。 ③ 品質保証期間が製造日より2年間となり、長期保存が可能になった。          アンカー埋込み時の騒音比較            アンカー埋込み作業比較            アンカー引張強度比較   ※試験条件:アンカーボルトM16 埋込深さ130mm      :埋込機械 電気ドリル回転施工 Rタイプ/ハンマードリル回転打撃施工          製品規格(標準サイズ)     ※標準サイズ以外の商品については、問い合わせのこと          

2017.07.18

特殊セメント(袋)「太平洋アロフィクスMC」

太平洋マテリアル株式会社営業本部 土木資材営業部   アロフィクスMCは、セメント系注入材でありながら、溶液型注入材に匹敵する浸透性を兼ね備え、さらに耐久性・環境性・強度発現性に優れた無機質・無公害性の超微粒子セメントである。          特 徴   1.高い浸透性   超微粒子(平均粒径4μm以下)による高い浸透性。     ・コロイドセメントとの模擬実験による比較 コロイドセメント注入個結体 アロフィクス MC注入個結体       ・各種セメントの浸透力比較    表-1参照   2.無公害性   地下水や土壌への影響の無い、安全な注入材。   3.長期耐久性   地下水や海水等に浸食されず、長期にわたり安定。 表-1     4.良好な強度安定性   迅速で、長期にわたって安定した強度発現     5.硬化時間調整が可能   専用硬化促進剤と併用することで硬化時間を数十秒から数分の範囲に調整可能。          用 途   ・トンネルにおける止水および地山補強(ウォータータイト等) ・ダム、堰堤の各種グラウト(カーテングラウト、コンソリデーショングラウト) ・地下鉄、上水道などの都市土木における止水、地盤強化、液状化防止 ・構造物、タンクなどの沈下抑制   ダム(カーテングラウト) トンネル(ウォータータイト)          

2017.07.18

特殊セメント「MKCTYPEⅡ・Ⅲ/セラパワーCPSⅠ/耐酸セラメント」

株式会社デイ・シイ        MKC TYPEII・TYPEIII   NETIS登録No.KT-110028-V   ■ 概 要 MKC TYPEII・TYPEIIIは、JISR5211(高炉セメント)に適合する環境負荷低減型の低発熱・収縮抑制型高炉セメントである。     ■ 特 徴 1.コンクリートの断熱温度上昇量が小さく、温度応力によるひび割れの抑制に有効。 2.コンクリートの自己収縮量が小さく、自己収縮応力によるひび割れの抑制に有効。 3.遮塩性、アルカリ骨材反応抑制、水密性など、耐久性が優れる。 4.セメント製造時のCO2排出量が普通ポルトランドセメントと比較して、TYPEIIは約   44%、TYPEIIIは約62%削減できる。 5.TYPEIIは30N/mm2以上、TYPEIIIは30N/mm2以下のマスコンクリートに適してい   る。     ■ 用 途 1.土木、建築向けマスコンクリート 2.コンクリートのひび割れを抑制した高耐久性コン   クリート構造物        セラパワーCPSI   ■ 概 要 高強度混和材「セラパワーCPSⅠ」は、スラグせっこう系混和材をベースとした高強度混和材で、結合材の一部に置き換えることにより、70N/mm2程度から150N/mm2を超える高強度コンクリートが製造可能となる。     ■ 特 徴 1.セメント単体では困難な高強度コンクリート製造を実現。 2.少使用量で高強度が得られ、低コスト。 3.固練りから高流動コンクリートまで適応。 4.フレッシュコン時の流動性が改善され仕上がりが良好。     ■ 用 途 1.建築用、土木用高強度二次製品 2.現場打ち高強度コンクリート 3.高強度モルタル、高強度グラウト、他            耐酸セラメント   NETIS登録No.KT-060118-V   ■ 概 要 耐酸セメント系材料「耐酸セラメント」は硫酸腐食などが予想されるコンクリート構造物やモルタルの耐酸性を向上させることのできるセメント系無機材料である。     ■ 特 徴 1.従来のセメントに置換するだけで、耐酸コンクリートを製造可能。 2.耐酸性に優れ、硫酸浸漬後の質量変化が小さい。 3.コンクリートまたはモルタルの材料として使用可能。   ■用途 1.下水道施設、し尿施設 2.温泉施設 3.酸性河川、他   硫酸溶液浸漬後の状況            

2017.07.18

モルタル「アルプロンMF-D(18)」

日米レジン株式会社   アルプロンMF-D(18)は成形性、接着性、耐久性に優れた鋼製排水溝設置用のエポキシ樹脂系樹脂モルタル材。          用 途   道路橋における鋼製排水桝の設置部に施工される敷モルタルにエポキシ樹脂のもつ接着性能と硬化特性を活かし、設置部の床板側部の勾配に対応できるよう0㎜から50㎜程度の厚さの施工を可能にしたエポキシ樹脂モルタルである。   従来技術では、セメント成分の十分な固化が得られず圧縮強度が不十分となる。施工環境の気温や乾燥条件によりドライアウトしてしまい、表面がひび割れたり、強度低下が起こる。また、下地コンクリートへの接着性は極めて低く、界面剥離を起こす可能性が高い。          特 徴   ・主剤、硬化剤、特殊骨材を混ぜるだけで施工できる ・計量の必要が無い ・成形性、接着性、耐久性に優れている ・下地コンクリートに薄層でも強力に接着 ・簡単に施工できる ・廃棄物が少ない          荷 姿   15㎏/箱(1セット3㎏) ・主剤:2.5㎏ 5個 ・硬化剤:0.5㎏ 5個     75㎏/梱包(1袋15㎏) ・特殊骨材:15㎏ 5袋          製 品 規 格            施 工 手 順   1.プライマー塗布 2.主剤、硬化剤を撹拌   3.特殊骨材を入れ攪拌 4.撹拌終了   5.モルタルをコテで平らに敷き詰める   6.排水溝設設置 7.設置完了          施 工 上 の 注 意   ・必ず樹脂(主剤、硬化剤)を混合撹拌後、特殊骨材と混合 ・施工面の汚れ、レイタンス、油類、脆弱部、水分等をできる限り除去する ・施工面にプライマー:アルプロン305ミニ(別販売)を塗布し直ちに施工する ・樹脂の可使時間の目安:30分程度(外気温により変化) ・硬化時間の目安:1日~ 2日間程度(外気温により変化) ・硬化養生時は雨水、夜露等がかからないよう養生          

2017.07.18

コンクリート混和剤「アスカクリーン」

信越化学工業株式会社   信越化学工業(株)は、建設業界のニーズに応えて、セルロース系混和剤に関する長年の技術を結集し、新たな水中不分離性コンクリート用混和剤“アスカクリーン”の開発に成功した。その品質と信頼性により、関西国際空港連絡橋、明石海峡大橋下部工、東京湾横断道路橋で採用されるなど数多くの実績を挙げている。          特 徴   ・主成分:水溶性セルロースエーテル(白色粉末)   1.優れた分離低減効果   アスカクリーンを混入したコンクリートは、強い粘着を示し、水中に自由落下させても   セメント分の流出など材料分離が少なく、均質で信頼性の高いコンクリートを得ること   ができる。   2.水質汚濁の防止   セメント分の流出などの材料分離が少ないため、河川・港湾や海岸工事において水質汚   濁を防止する。   3.十分な強度発現   材料分離による強度低下が少ないため、気中コンクリートと同等の強度が発現する。   4. 流動性の改善   セルフレベリング性を有し、優れた流動性を示す。   小さな隙間や、細かな配筋部にも十分充填する。また流動性の経時変化が少ない。   5.鉄筋や打継面の付着性の改善   材料分離やレイタンスの発生が非常に少ないため、鉄筋や打継面の付着性を改善する。   6.ブリージング防止   ブリージングが非常に少ないため、均質なコンクリートを得ることができる。また打継   部の接着性を改善する。   7.工事の簡略化と工期の短縮が図れる。   8.従来の工法では困難で制約を受けていた施工を可能にする。 ① 薄くて広い面積にコンクリートを打設する施工 ② 張石の固結など水中自由落下が避けられない施工 ③ RC部材など高い信頼性を要求される施工 ④ 水質汚濁防止が極力要求される施工 ⑤ 間隙への充填性や付着性を要求される施工          用 途   ・橋脚、橋台、基礎コンクリート ・床版コンクリート ・捨石、張石、補強コンクリート ・護岸、水路などの洗堀防護、洗堀補修 ・鋼管の防食コンクリート ・地下連続壁のコンクリート          配 合 例   *例:BASFジャパン(株)製マスターグレニウム930          

2017.07.18

コンクリート混和剤「Facet」

太平洋マテリアル株式会社営業本部 混和材営業部        N E T I S 登 録   KT-120115-VE          概 要   「Facet」とはコンクリートに添加して使用する速硬性混和材である。コンクリートに適量混和することで、材齢6~12時間で24N/mm2以上の圧縮強度を確保することが可能である。          特 徴   ① 優れた初期強度発現性   5~35℃の環境条件下において、材齢6~12時間で24N/mm2以上の圧縮強度を確保する   ことが可能である。   ② 作業時間の確保   5~35℃の環境条件下において、セッターの添加率を調整することで、練り混ぜ開始から   1時間以上の開始時間を確保することが可能である。   ③ 簡便に速硬コンクリートを製造   汎用的なコンクリート(普通セメント使用)に添加するだけで速硬コンクリートが製造で   き、地域的な支障が少なくなる。大量打設(アジテータ車添加)にも少量打設(FRF製造方   法)にも対応できる製造方法。   ④ 様々なコンクリートに対応   一般のコンクリートだけでなく軽量コンクリート、高流動コンクリート、特殊モルタルな   どの特殊用途の速硬化にも対応可能である。          基 本 物 性 例   ① 強度発現例       ② 可使時間制御例            混 和 方 法   ① アジテータ車添加   生コン工場からJIS生コンを出荷し、現場でアジテータ車に投入する。       ② FRF製造方法   生コン車からJIS生コンを小分けにポットミキサへ取り少量ずつ製造する。            施 工 例   高速道路料金所舗装 工事例 高速道路床版 工事例          

2017.07.18

コンクリート混和剤「エフロカット」

株式会社テクノクリーン        特 徴 と 効 果   エフロカット 白華(エフロレッセンス)防止剤『エフロカット』は、植物性有機成分を主体として構成された無公害有機混和剤である。海砂に含まれているセメントに有害な遊離物質をセメント成分と化合させて、水に溶け出さない固定物にして白華(エフロレッセンス)を防止する。   1.白華(エフロレッセンス)防止   2.塩害防止   海砂骨材に含まれている塩化ナトリウムなどの塩分遊離物質をセメント成分のカルシュ   ームと化合させて塩化化合物に固定する。そして、水、炭酸ガス・酸性雨などに溶け出   さないアルカリ不導体保護層の固いコンクリート組織を形成して、塩害による全ての破   壊成分を消滅させ、白華(エフロレッセンス)を防止する。   3.クラック防止   コンクリート躯体の密度を高め、伸び縮みによる内部組織の破壊(ヘアークラック)を防   止して、強度・耐久性に強いコンクリート組織を形成する。   4.防水   緻密性が非常に高く、内部毛細管減少による水の吸水性をなくして水の侵入を大幅に減   少させる。   5.減水   微細なAE(空気連行作用)効果により、単位水量を大幅に減少させて強いコンクリートを   形成する。   6.浸透工法   インターロッキング施工後、表層全面にエフロカットの20~30倍液をジョウロで散布   浸透する。   7.その他   防錆・アク止め・防カビ・増粘・含浸          用 途   コンクリート・モルタル・タイル、ブロック目地・セメント二次製品・生コン            使 用 方 法   セメント混和剤 白華防止剤・中性化防止・塩害防止・防錆・防水・クラック防止   標準使用方法はセメント重量(25kg)に対して0.6%(150cc)をあらかじめ水に希釈し、その希釈水をセメントとミキシングする。 (1.2%程度の増量使用してもコンクリート品質に影響はない)     含浸・浸透工法 コンクリート中性化進行抑制・大気汚染防止・インターロッキングブロック白華防止   前処理としてコンクリート表層部の汚れを洗い落とした後、エフロカットの15~25倍希釈水をジョウロ・噴霧器でコンクリート表層部に散布塗布して含浸浸透させる。   散布表面が浸透乾燥した30分後に2回目の繰り返し塗布が、より効果が得られる。   インターロッキングは施工完了後乾いた硬練りセメント砂目地の上から全体に散布する。          組 成   ・エフロカットの主成分は植物性原料100%で構成された有機化合物の無公害商品である。   ・安全性の高い両極性界面活性剤を使用している。(石油化学成分の・アルキルベンゼンス  ルホン酸ナトリム・アルキル硫酸エステルナトリウム・アルキルエーテルサルフェートな  どの有害界面活性剤は使用していない)   ・成分 ・純植物有機脂肪酸成分数種類の構成   ・エフロカットに使用されている界面活性剤 ・陰イオン系界面活性剤 ・非イオン系界面活性剤 ・両性イオン系界面活性剤          そ の 他   ・PH    14(20℃)  ・引火点    200℃ ・比重    1.07(20℃) ・発火点    不燃 ・粘土    1,000CPS ・安定性    良好 ・凝固点    -30℃ ・外観    淡黄色透明液体 ・臭い    淡い柑橘系 ・溶解性    きわめて容易 ・環境影響    自然界で生分解性あり          関 連 商 品   ・アクトル(白華除去剤)、濃縮アクトル ・ガードクリン          

2017.07.18

コンクリート混和材「フライアッシュ」

日本フライアッシュ協会   フライアッシュ(Fly Ash)は、石炭火力発電所の集じん器によって採取される微粉炭燃焼灰をJIS規格品として製品化したものである。   フライアッシュ品質JIS A6201            特 徴   フライアッシュの主成分は二酸化けい素とアルミナで、この2成分がポルトランドセメントの水和の際に遊離される水酸化カルシウムと徐々に反応(ポゾラン反応という)して、下記のようにコンクリートの諸性質を改善する。   1.長期材令における圧縮強度および曲げ強度が増加し、長期強度が著しく高くなる。  ・フライアッシュを混入したコンクリートの圧縮強度との関係       2.アルカリシリカ反応の抑制に効果があり、平成元年12月の改正で生コンJIS(JIS   A5308 レディーミクストコンクリート)に明記された。  ・フライアッシュによるアルカリシリカ反応抑制効果試験例     3.耐久性の向上と透水性の減少。  ・90日以上経過すれば、セメントの場合のみよりはるかに優れている     4.乾燥収縮の減少、ひび割れの抑制容積変化が減少し亀裂防止になる。  ・フライアッシュを混入したコンクリートの長さ変化試験例     5.化学的侵食に対する抵抗性の増大   下水渠、化学工場の床、海水中のコンクリート構造物などに使用すれば、その耐久性が   増加する。   6.水和熱が減少する。  ・フライアッシュを用いたコンクリートの断熱温度上昇     7.ワーカビリティーの向上と使用水量の減少--流動性が増大し、コンクリートの打設が   容易となり、使用水量を減少することができるので、コンクリートの質が緻密になり、   強度を増す要因となる。          用 途 お よ び 効 果   フライアッシュは、種々の特徴を持ち、現在土木・建築用コンクリートの混和材として広く利用されている。   最近はフライアッシュを吹付けコンクリートの混和材に使用すると、コンクリートの粘性が適度に増加して、吹付け時の粉塵が低減するとともに、はね返り量が少なくなり、作業現場の環境改善と効率的な施工が可能となることから、トンネル工事にも使用されている。     グリーン購入法の特定調達品目に「フライアッシュセメント」「フライアッシュを用いた吹付けコンクリート」がある          

2017.07.18

足場材「くい丸」

君岡鉄工株式会社   くい丸は、引抜き強度と押込み強度に優れた高性能の打ち込み杭専用材である。工事現場等で一般的に利用されている。また、耐久性と施工性にも優れており、仮設工事現場をはじめ、様ざまな用途で性能を発揮する。   (※同社と関西大学の共同試験結果) (くい丸 NETIS登録No.KT-990237-VE)            特 徴   1.強度   足場管の2.5倍の引抜き・押込み強度がある。高い引抜き強度が必要な、仮囲い・フェ   ンス・太陽光発電などの用途において力を発揮する。アスファルトや石混じりの地盤に   も対応可能。   2.耐久性   高品質の亜鉛めっき鋼管を使用しており、サビに強く耐久性に優れている。また、頭部   が壊れにくく、密閉構造の為パイプの内側がサビにくい。繰り返しの使用に耐えるくい   丸は、仮設リース資材やイベント用資材としてだけでなく、長期にわたって使用が続く   鉄道等で使用する場合にも威力を発揮する。   3.施工性   尖端部に尖ったハガネ材を使用しており、足場管では施工の困難なアスファルトや石混   じりの地盤などの難地盤にも対応可能。また、作業性の向上により、現場の大幅な人件   費削減が期待できる。施工には、取り扱いの便利なハンドブレーカーを推奨。電動・エ   ア・油圧のブレーカーに対応するキャップをラインナップしている。   4.可搬性   本体部分からの出っ張りがないため、重ねて置いた場合でもかさばらず、安全・省スペ   ースで、配送や保管が可能。   5.美観   頭部が壊れにくく、施工後の美観に優れている。カエリができにくいので安全性にも優   れている。   6.環境   繰り返し使用することにより、環境負荷とコストを削減する事ができる。また、使用後   はスクラップとして再資源化が可能。   7.ラインナップ   48.6mmをはじめとして、選べる太さは7種類。長さは600mmから4000mmまで   100mm単位で対応可能。一般に、細い方が打ち込みやすく、太い方が強度と曲げに   強い傾向がある。   8.使用実績   発売開始以来20余年で累計600万本の出荷実績がある。東海道新幹線で7万本の使用実   績がある他、明治神宮や富士山登山道でも使用されている。          施 工 例   明治神宮   熊本県玉名市 海岸保全工事 メガソーラーや低圧発電