2018.04.01

オデッサシステム TH-980015-V(旧登録)

オデッサシステム工法協会

 

建設汚泥などの再資源化(造粒固化)施設。建設工事などで発生する無機性汚泥(産業廃棄物)に特殊固化材を添加し、短時間に再利用可能な造粒物に処理するシステム

 

処理工場内処理(固定式)

排出現場内処理(移動式)

 

 

 

   新 規 性

 

従来の脱水、乾燥、焼却処理が不要。汚水、排水、排ガスなどの二次発生物が出ない。

 

 

 

   適 用 箇 所

 

・処理する汚泥は無機性であること

・汚泥は有害物質の含有が土壌環境基準内であること

・全国50以上の自治体にて産業廃棄物中間処理業の許可を取得

 

 

 

   開 発 目 標

 

・周辺環境への影響抑制

・地球環境への影響抑制

・省資源、省エネルギー、リサイクル向上

 

 

 

   活 用 の 効 果

 

比較対象従来技術:通常の産廃処分場(中間処理)との処理

・経済性:41.31%向上

・工程:同程度

・品質:同程度

・安全性:向上

・施工性:向上

・周辺環境への影響:向上

 

 

 

   単 価

 

都度見積り

 

 

 

   単 価 内 訳

 

受入品目 受入料金(注1) 処理内容 備考
建設汚泥 下記(注1)参照 リサイクルを目的とする中間処理 中間処理後の造粒物は現場内利用。もしくは再生砂(注2)として販売による他現場流用

 

 

注1.含水比(率)、比重、処理量などにより料金は異なるため、現場ごとの見積りを原則

   とする

注2.品質は土質区分基準第2種発生土以上、コーン指数800kN/m2以上。用途は埋戻材

   盛土材、路床材

 

 

固定式施設により受け入れを行っている地域および受入料金は、各地域の固定式施設設置協会員へ問い合わせが必要。

 

 

商品名 単位 販売料金
ユニ・ソイル m3

地域によって料金が異なる

(ただし運賃含まず)

 

 

 

   施 工 手 順