2020.04.01

アニマルガード工法 CB-110023-A(旧登録)

国土環境緑化協会

 

 

特許技術の獣害対策工法。のり面におけるシカやカモシカなどの食害や踏み荒らしに対し、高い効果を発揮し、健全な植生を守る技術。

 

 

和歌山県

法枠併用 岡山県

 

 

 

   新 規 性

 

・特殊金網を浮かせて植生工を覆い、地際部の被食を防止する

・シカの侵入抑制、踏圧の軽減、生育基盤の保護が図れるよう目合いを最適化している

 

 

 

   適 用 箇 所

 

・シカなどの生息域で、食害が予想される箇所

・新設、既設の植生工実施箇所

・のり面、平地

 

 

 

   開 発 目 標

 

・経済性の向上

・周辺環境への影響抑制

・品質の向上

 

 

 

   活 用 の 効 果

 

比較対象従来技術:侵入防止柵工

・経済性:34.9%向上

・工程:25.37%短縮

・品質:向上

・施工性:向上

・周辺環境への影響:向上

 

 

 

   単 価

 

都度見積り