2019.04.01

Sクリート工法 KT-160122-A

株式会社バークス環境

 

 

コンクリート劣化抑制および耐久性向上の複合工法。ケイ酸塩系含浸改質剤と
シラン・シロキサン系含浸防水剤の2種類を施工するコンクリート延命工法。

 

未塗布面とSクリート工法と譜面の撥水状態    の比較

Sクリート工法の撥水作用

 

 

 

   新 規 性

 

・施工面の乾燥が必要であった施工を、湿潤状態でも施工可能とした

・有機系被覆工法を複合工法に変えた

・再施工時の旧被膜除去工程を不要とした

 

 

 

   適 用 箇 所

 

常時下地が湿潤とならないコンクリート構造物、および海中・水中にない全てのコンクリート構造物

 

 

 

   開 発 目 標

 

・経済性の向上

・耐久性の向上

・省資源・省エネルギー

 

 

 

   活 用 の 効 果

 

比較対象従来技術:有機系被膜工法(エポキシ樹脂系の有機系被膜工法)

・経済性:21.7%向上

・工程:57.14%短縮

・品質:向上

・安全性:向上

・施工性:向上

・周辺環境への影響:向上

 

 

 

   単 価

 

¥4,800/m2(材工共)