2018.11.29

VR体験型安全教育システム「リアルハット」

株式会社 岩崎

 

 

VR体験型安全教育システム。建設現場の3DモデルとVRデバイスを連動させ、現場で起こりうる事故や災害を3DCG空間内で疑似体験することができる。

 

実際の災害シナリオを体験することで、「なぜ事故が起こったのか」「どのような対策を講じるべきだったか」など、新たな「気づき」が生まれ、危険予知能力の向上・安全意識の向上に貢献できる。

 

また施工手順の確認や現場見学会などにも活用できる。

 

 

石神浄化施設機能改善工事 2013年(千葉県)

ヘッドマウントディスプレイ

 

 

 

  

 

 

 

   特 徴

 

・安全教育のマンネリ化からの脱却。「聞く」安全教育から「体験する」安全教育へ。

・体験型安全教育という新しい取り組み。「没入する体験」で事故災害の基本を感じる。

・飽きの来ない安全教育システム構築。スパイラル方式で数回体験することで理解が深まる。

・心理学に基づいた適切な刺激による体験。過度な刺激を与えないことに注視。

・各種安全法令に基づいた、オリジナルの解説書と完全連動。

 

 

 

   疑似体験

 

クレーンから部材が落下する事故

バックホウと壁とに挟まれる事故