潤王(うるおう)2020/05/27 更新

  • 鉛直面施工例
  • 水平面施工例
  • 製品荷姿
  • 散水時の断面

概要

水分滞留効果により湿潤状態を長期保持できるコンクリート湿潤・保温養生シート。吸水性不織布とフィルム加工気泡緩衝材(エアセルマット)をジグザグに縫製することにより一体化したコンクリート養生シート。コンクリート面に敷設し、コンクリートの湿潤・保温養生効果を長期的に保持することで、散水回数を削減することができる。鉛直面・水平面のどちらにも施工でき、さまざまな構造物に対応可能である。

続きを見る

特徴

・品質向上
水分滞留効果により、コンクリート表面の湿潤状態を長期保持することで水和反応を促進し、コンクリートの品質向上が図れる。
・省 力 化
3.5kg/ ロール(幅1.2m・長さ20m)と抜群の軽量化を実現。運搬・敷設手間が大きく低減するため省力化が図れる。
・環境負荷低減
散水回数を幅に低減することが可能となり、アルカリ汚濁水の発生を抑制できるため、環境への負荷低減が図れる。
・コスト削減
転用回数5回かつ軽量素材等により、圧倒的な低価格を実現。大幅なコスト削減が図れる。

続きを見る

会社名
太啓建設(株) 
TEL
0565-31-1271 
URL
http://www.taikei-con.co.jp/ 

このカテゴリーでよく見られている資材