SGラック2020/01/31 更新

概要

新世代溶融亜鉛アルミニウム合金メッキを施したケーブルラック。優れた耐食性を誇る。塩害(海岸、融雪剤散布)地域など厳しい腐食環境下で威力を発揮し、溶融亜鉛めっきに比べて、2倍~10倍、耐食性が向上。

特徴

1.塩害(海岸、融雪剤散布)地域など厳しい腐食環境下で威力を発揮し、溶融亜鉛めっきに比べ、2~10倍、耐食性が向上する。
2.溶融亜鉛めっき同様に犠牲防食作用がある。
溶融亜鉛アルミニウム合金めっきには犠牲防食作用があるため、万一、ラック等に傷がつき素地の鉄が露出した場合でも、傷の周囲の亜鉛が先に溶け出して電気的に保護することで鉄の腐食を防止する。
3.環境負荷物質が少なく、地球環境にやさしい表面処理である。
SGめっきは使用する亜鉛がJIS規格の定める最純亜鉛地金を使用しており(JIS H 2107)、鉛が0.003%以下、カドミウムが0.002%以下と溶融亜鉛めっきに比べ有害物質を削減しており、各メーカーでグリーン調達部材として採用されている。

続きを見る

品質規格

・NETIS登録番号:QS-170020-A
・RoHS指令(EU地域での特定有害物質の使用禁止)に適合

カタログ

会社名
カナフジ電工(株) 
TEL
048-735-0644 
URL
http://www.kanafuji.co.jp/ 

このカテゴリーでよく見られている資材